2013年07月20日

2013年上半期回顧録

上半期に購入したゲームは全部で12本。
その内で一応のクリアまで漕ぎ着けたのは5本かなあ。
『デモンゲイズ』や『セブンスドラゴン2020-II』は途中で置いてあります。
面白いのは面白いのだけどなあ。
『迷宮クロスブラッド∞』や『朧村正』は購入後積んだままの状態。
時間のかかるRPGを主体に遊んでいるので手が回っていません。
このあたりは大いなる反省材料とせねばなりません。

上半期に特筆するべき作品はやはり『真・女神転生IV』かなあ。
ナンバリングタイトルに相応しい作品であったように思います。
システム面での充実も高く評価したいところ。
序盤が一番難しいという難易度はどうかと思うのだけれども。
『フォトカノkiss』や『メルルのアトリエPlus』は強化移植版。
どちらも元々もゲームの完成度が高いので移植版も問題なく楽しめました。
特に『フォトカノkiss』はPS VITAへの移植で不満面が一掃されたのは大きい。
『閃乱カグラSHINOVI VERSUS』も楽しかったです。
新規加入のキャラクターに自分好みのものが多かったのも嬉しい。
現在遊んでいる『新・世界樹の迷宮』もかなり良いです。
その意味では充実したゲーム生活が送れていると言ってもいいのかな。

下半期はいよいよPS4とXbox ONEが満を持して登場。
新たな据置機の投入でゲーム界が活性化するのを期待したいもの。
Xbox360が故障したので買い替えも検討しないといけません。
新作では『閃の軌跡』が非常に楽しみ。
苦手のアクションゲームですが『GOD EATER2』も購入予定です。
積んでいるゲームも徐々に遊んで行きたいもの。
先ずは『ドラゴンズ・クラウン』を遊ぶことにはなるのでしょうけれども。
自分好みのゲームが多く発表されることを期待したいと思います。
posted by 森山樹 at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム記録