2013年09月28日

閃の軌跡 その0

序章〜トールズ士官学院〜
プレイ時間:0時間22分
現在地:近郊都市トリスタ
リィン:Lv3

 『閃の軌跡』のプレイを開始しました。とは言っても,まだオープニングイベントを終えたのみ。物語はこれから始まることになります。いきなり,ガレリア要塞の列車砲を巡る激戦に放り込まれるのは『零の軌跡』と同じような開幕ですね。尤も,『零の軌跡』ではそのイベント自体に大きな意味が隠されていましたけれど。今回は純粋に将来の戦いを予告するという見方で問題はないと思います。仲間が10人近くいたので今後の出逢いが楽しみですね。個人的にはサラ教官と古風な女剣士のラウラがお気に入り。金髪弓使いのアリサや眼鏡娘のエマも気になるところであります。毎度のことながら,登場する娘さんたちがみんな可愛いというのは素晴らしいです。

 オープニングイベントで何度か戦闘を経験しましたが,大筋では『零の軌跡』『碧の軌跡』を継承した感じで直感的に遊べます。新しい要素も幾つか見受けられますが,そのうちに慣れてくることでしょう。危惧していたフル3D化も違和感なく楽しめています。巨大な都市や迷宮では自分の位置を見失ってしまうかもしれませんけれども。一番の問題はロード時間の長さ。かなり爽快感を損ねている気がします。このあたりはファルコムゲームは常に感じてしまいますね。一応,10月3日に配布予定のパッチでロード時間の短縮を図れるようなので期待したいと思います。

 とりあえずはトールズ士官学院が舞台になる模様。オープニングイベントで名前の出てきたVII組に主人公リィンは所属することになるのでしょう。『零の軌跡』『碧の軌跡』における特務支援課と同様のものと思えばいいのかな。時代背景的には『零の軌跡』と同時代のようなのでイベントが関連することを期待します。まあ,オープニングイベントにもクロスベル通商会議という懐かしい言葉が出てきたけれどね。舞台がエレボニア帝国なのでオリビエ・レンハイムやミュラー・ヴァンダール,レクター・アランドールらも当然登場するよね。鉄血宰相オズボーンも大きな役割を占めそう。如何なる物語が織られるのか楽しみにしたいと思います。
タグ:閃の軌跡
posted by 森山樹 at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記