2013年10月01日

2013年10月ゲーム購入予定

10.10 サカつく プロサッカークラブをつくろう! PS Vita セガ
〈サカつく〉シリーズの最新作。
久々に遊んでみたい気もします。
ただ,以前に遊んだのは懐かしのセガサターン版なのですよね。
以前の感覚で遊べるのかどうかは多いに疑問符が残ります。
余力があれば,といったところでしょうか。

10.12 ポケットモンスターX・Y 3DS 任天堂
〈ポケットモンスター〉シリーズ最新作。
3DSからは初の発売ということになります。
前作は途中で投げ出したので今作を購入するかは微妙。
女の子主人公の可愛らしさに心惹かれるものはありますが。


11月と12月に期待のゲームが多いので今月は小休止。
上述の2作品も購入に踏み切るかは微妙なところです。
PS3があれば『フェアリーフェンサーエフ』も気になるところなのですけどね。
いずれにせよ,『閃の軌跡』に専念する一か月になりそうではあります。
まあ,『ポケットモンスターX・Y』は購入するかもしれませんけれども。
学園伝奇好きとしては『月英学園』も一応気にはなっています。

11月は『新・ロロナのアトリエ』が非常に楽しみ。
他にも『ゴッドイーター2』も既に予約済みであります。
『エクステトラ』や『AKIBA’S TRIP2』も気になるところです。
12月は『ブレイブリーデフォルト フォー・ザ・シークウェル』に期待。
『ブレイブリーデフォルト』の改良作ですが,如何に2に繋がるのでしょうか。
年末に向けて楽しみな作品が揃うのは実に嬉しいです。
後は遊ぶ時間を如何に捻出するかでありますね。
posted by 森山樹 at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定

2013年10月02日

2013年9月ゲーム記録

2013年9月に購入したゲームは以下の通り。
・エルミナージュゴシック3D REMIX
・モンスターハンター4
・閃の軌跡

何かと慌ただしく殆ど遊ぶ時間が確保できない一か月でありました。
上述の二本も序盤を遊んだ程度。
『新・世界樹の迷宮』もクリアするに至っておりません。
月末からは何とか余暇を見つけて『閃の軌跡』を遊んでいますけれど。
『閃の軌跡』はロード時間に目をつぶれば現段階では申し分ありません。
〈軌跡〉シリーズの正統進化系といった印象があります。
後はこの先の物語が如何に楽しませてくれるかということですね。
それ程不安視してはいませんけれども。
『エルミナージュゴシック3D REMIX』はいつも通りの〈エルミナージュ〉。
思ったよりは面白いかなあ。
時間がある時に少しずつ進行したいと思います。
〈モンスターハンター〉初体験となる『モンスターハンター4』。
キャラクターを登録したところで力尽きてしまいました。
評判は頗るいいので改めて再開したいと思います。

10月はほぼ『閃の軌跡』に専念することになるのでしょう。
『ポケットモンスターX・Y』を買うかどうかは微妙です。
11月に楽しみなRPGが多いので余力も残さないとね。
業界的にはPS VITA TVなどの情報がありました。
PS4の発売日が決まったのも一応収穫ではあるのかな。
いずれにせよ,現段階での購入予定はありませんけれども。
それよりも先にPS3を買いたいかなと思っています。
また,『ブレイブリーデフォルト2』の開発が明らかになったのも嬉しい。
前作が非常に楽しかったので大いに期待しています。
『新・ロロナのアトリエ』も結構楽しみだよね。
『魔都紅色幽撃隊』も〈東京魔人學園〉に連なる作品として楽しみ。
『東京魔人學園帝戰帖』の開発再開に繋がって欲しいと思います。
posted by 森山樹 at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム記録

2013年10月04日

閃の軌跡 その3

第1章 新学期〜初めての実習〜
プレイ時間:7時間41分
現在地:交易町ケルディック
リィン:Lv10
エリオット:Lv9
アリサ:Lv9
ラウラ:Lv9

 地道に第1章をプレイ中。現在は特別演習の為に交易町ケルディックを拠点に依頼をこなしています。基本的には様々な依頼を解決していく〈軌跡〉シリーズの伝統はそのまま踏襲されている感じ。この手のゲームは決して嫌いではないので問題ありません。依頼の内容も多岐に渡る筈なので目先もそれなりに変わることでしょう。その内に物語の本筋となる大きな動きが出てくることかと思います。それまで暫くは依頼をこなしながら,サラ教官からの課題を達成するという生活が続きそうです。

 現在は二班に分かれて演習を行っています。リィン,エリオット,アリサ,ラウラとエマ,ユーシス,ガイウス,マキアス,フィーという編成。前者のチームはリィンとアリサが仲直りしたことで問題はなし。但し,後者のチームは対立するユーシスとマキアスに気儘なフィーを含んでいる為にエマとガイウスは苦労をしそう。尤も,ユーシスもマキアスも任務よりも私情を優先する性格に見えないのが救いでしょうか。なお,リィンとアリサの仲直りイベントは非常に可愛いものがありました。立ち位置的にアリサは正ヒロインということになるのかなあ。個人的にはやはりサラ教官の一見ダメな大人ぶりが非常によろしいです。一緒にビールを酌み交わしたいものだなあ。

 まだまだ序盤ということで導入的な展開が続きます。先ずは装備品を整えたり,ARCUSに装着するオーブメントを揃えたりすることに専念。相変わらず,金策に苦労するゲームではあります。まあ,工夫次第で幾らでも楽になるのだけれどね。戦闘の選択肢が多いのは好みです。結局はクラフト技を主体に戦うことになりますけれど。既にSクラフト技を使えるラウラが強力。リンク攻撃も頻繁に発生するのが楽しいです。何はともあれ,此処までのところは素直に楽しい。恋愛ゲーム的な絆の要素も悪くありません。積極的に女の子と仲良くなりながら学園生活を満喫したいと思います。

 なお,10月3日に配布されたパッチを当ててみました。ロード時間の短縮は戦闘突入時,戦闘離脱時に顕著に感じますね。但し,町や施設への出入り時のロードは相変わらず長いまま。それでも頻繁に突入する戦闘時のロード時間の負担が軽減されただけでも効果はあると思います。必ず当てておくべきでしょう。更なるロード時間の短縮も望みたいものではありますけれども。
タグ:閃の軌跡
posted by 森山樹 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記

2013年10月05日

閃の軌跡 その4

第1章 新学期〜初めての実習〜
プレイ時間:9時間23分
現在地:交易町ケルディック
リィン:Lv11
エリオット:Lv11
アリサ:Lv11
ラウラ:Lv11

 引き続き第1章を攻略中。特別実習も2日目に入りました。初日同様に依頼を解決する図式は変わらないのですが,ケルディックの大市で発生した事件の捜査が本筋となります。その背後に見え隠れする領邦軍とそれを統べるアルバレア公爵家の存在が実に不穏。事件の真相を追って,ケルディック郊外のルナリア自然公園を探索することが先ずは目的となります。なお,アルバレア公爵家は≪VII組≫の一員でもあるユーシスの実家。このあたりは今後の展開に大きな影を落としそうですね。

 まだ,序盤ということで即断は出来ませんが,貴族と平民の対立は物語の主軸となっていきそうな感じ。前作のクロスベル自治州が大国間の緩衝地域ということで,各国の思惑に翻弄されたのに対して,今作ではエレボニア帝国内部の勢力争いがトールズ士官学院を巻き込んでいくように思われます。それが或いは≪VII組≫の設立編成に至った理由のひとつかもしれません。そして,その場合≪VII組≫の,或いはトールズ士官学院の背後にいるのは何者かというのが問題となります。貴族派というのは考えにくいのですが,かといって鉄血宰相ギリアス・オズボーンに率いられた革新派とも思えません。まあ,このあたりはいずれ明らかになることでありましょう。また,リィンの背景も若干明らかになりました。八葉一刀流の使い手として今後も物語の要となっていきそうです。≪VII組≫の面々の背負っているものはそれぞれにありそうですが,全員分が解決されるのかなあ。それはそれで大変そうなのだけれども。

 何はともあれ,物語は地道に進行中。まだまだ敵が弱いのは救いですが,それでも気を抜くと一気に窮地に追い込まれてしまいます。早いところ,全員がSクラフト技を覚えて欲しいもの。現段階ではラウラだけが頼りですからね。リンク攻撃も有用なのだけど,現在のところはまだまだダメージが小さめ。リンククラフト技も用意されているでしょうから楽しみにしたいと思います。発動までに時間がかかるアーツは強力なのだけど,いまいち使いにくいのですよね。ルナリア自然公園では領邦軍との戦闘も予想されます。万全の準備を整えて臨みたいところであります。
タグ:閃の軌跡
posted by 森山樹 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記

2013年10月06日

閃の軌跡 その5

第1章 新学期〜初めての実習〜
プレイ時間:10時間09分
現在地:第1章 終了
リィン:Lv13

 第1章終了。いろいろ不穏な動きが出てきて面白いです。ルナリア自然公園でのボス戦は苦戦したものの何とか勝利。リィンがSクラフト技を覚えたのが大きかったかな。リィンの〈激励〉とエリオットの〈エコーズビート〉はボス戦では欠かせませんね。但し,ボスの強力な一撃だとHPが完全状態のリィン以外は戦闘不能に追い込まれてしまうのが辛かった。〈セラス〉のタイミングを計るのも重要となります。まあ,時間はかかりますが地道に回復をしてHPを高く保てば問題はない筈。アーツによる攻撃もそれなりに有効かと思えます。アーツを連発すると直ぐにEPが尽きてしまいますけれどね。

 新たに登場した鉄道憲兵隊のクレア・リーヴェルト大尉が実に魅力的。若く麗しい女性ながら,その名を知られた存在の様です。サラ教官とも旧知の仲のようですが,まだ完全に味方と断じることができないのが何とも。あの鉄血宰相ギリアス・オズボーンの子飼いということからもその実力が分かろうというもの。可能な限り,敵対はしたくないものですが。彼女に情報を提供した存在も不明。所謂,情報局ということになるのかもしれません。リーヴェルトという名前からは過去の〈軌跡〉シリーズに登場したリーヴェルト社を想起しますが,関係はあるのかしらね。また,事態を影で操っていた不穏な人物もふたり登場しました。神経質そうな眼鏡の男とその身を仮面と甲冑で覆った男。どちらも胡乱な雰囲気を漂わせています。彼らの目的は分かりません。このあたりは今後も因縁的に激突しそうな気がします。

 とりあえずはこのまま第2章に突入します。パッチを当てたことで,ロード時間が短縮され,多少は快適に遊べるようになったのが大きい。学園生活→特別実習を交互に進める形になるのかな。アリサとラウラとはリンクレベルが2に上がったので少しは仲良くなったのかな。このあたりは学園生活編にも影響が出るのかしら。早くエマやフィーとも仲良くなりたいですね。絆イベントが設定されているトワとの関係も気になるところ。他にも絆イベントが設定される娘さんはいるのかしら。サラ教官やクレアさんは期待したいところですけれど。
posted by 森山樹 at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記