2013年10月12日

閃の軌跡 その9

第3章 鉄路を越えて〜蒼穹の大地〜
プレイ時間:22時間12分
現在地:近郊都市トリスタ
リィン:Lv23
アリサ:Lv22
エマ:Lv23
ガイウス:Lv21
ユーシス:Lv22

 第3章を進行中。現在は実技試験を終えて,特別実習の地であるノルド高原へと向かう直前。今回の実習で行動を共にするのはアリサとエマ,ガイウス,ユーシスということで問題はなし。寧ろ,現状でぎくしゃくしているラウラとフィーを伴うB班の方が気がかりであります。なお,第3章では以前から予告されていた中間試験がありました。結果はそれなりに満足が出来る感じかな。但し,これが引き金となってパトリックたち貴族一派と実技試験の名を借りた実戦を経験することになってしまいましたが。うっかりと連携設定をしていなかったので苦戦はしましたが何とか勝利出来たのは何よりのこと。割と編成が変わるだけに連携設定をいちいち登録しないといけないのはやや面倒に感じます。因みにパトリックたちとの戦いはリィン,マキアス,ガイウス,エリオットで固定の模様。ガイウスが実にいい男ぶりを見せてくれました。ノルド高原はガイウスの故郷ということで更なる活躍も期待出来そうです。

 物語面ではリィンたち≪VII組≫が生活する第三学生寮に管理人がやってきました。可憐なメイドであるシャロン・クルーガーです。但し,その可憐な外見の裏には隠された顔がある模様。サラ教官と旧知ということからもそれは窺えます。それも友人ではなく,寧ろ敵対者としての間柄で有るように思えるのが不穏であります。なお,シャロンはアリサの実家であるラインフォルト家に仕える身。アリサへの忠誠心が本物か否かが気になるところです。サラ教官との対峙はなかなか緊張感があってよかったです。また,上述のようにこれまで特別実習の中で触れてきた貴族派と革新派の対立が遂にトールズ士官学院にも影響を及ぼしてきました。幸い≪VII組≫に所属するユーシスとラウラはその出自もあって平民に差別意識を持つことはありませんが,パトリックに代表される大多数の貴族は異なる筈。このあたりは今後も尾を引きずりそうです。しかし,ユーシスにアンゼリカ,パトリックと四大名門の子弟が3人も揃うというのは凄いなあ。残るあとひとつも誰か関係者がいるのかしらね。

 何はともあれ,新たな舞台であるノルド高原を目指すことになります。ケルディックやバリアハートとは異なる辺境の地だけにまた違った雰囲気が楽しみです。逆に考えれば,この辺境の地で貴族派と革新派の抗争が如何に影響を及ぼしているかも確認したいところ。物語の中心はやはりガイウスが位置づけられるのでしょうね。また,以前登場した眼鏡の男と仮面の男の再登場もそろそろ期待したいもの。或いは胡乱な態度を見せるシャロン・クルーガーの活躍も楽しみです。学園生活と特別実習のバランスが非常に良くて楽しい作品であります。これまでのところは,ロード時間の長さ以外には非の打ちどころがないなあ。
タグ:閃の軌跡
posted by 森山樹 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記

購入録(2013.10.12)


結局購入してしまった『ポケットモンスターX』。
『ポケットモンスターブラック』以来の〈ポケモン〉となります。
XとYは特に拘りがなかったので適当に。
暫くは『閃の軌跡』を優先して遊ぶことになるでしょう。
合間を見計らって進めて行きたいと思います。
それなりに面白いと嬉しいのだけどなあ。

〈2013年ゲーム購入覚書〉 計18本 ¥110,650
posted by 森山樹 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録