2013年10月14日

ポケットモンスターX その1

プレイ時間:1時間17分
現在地:ハクダンシティ
バッジ:0個
図鑑:16匹
ポケモン:フォッコLv11,バオップLv7,ヤヤコマLv7,ルリリLv5,コフキムシLv4,ホルビーLv3

 『ポケットモンスターX』を始めてみました。とりあえずは『閃の軌跡』を優先で合間を見つけて遊ぶ形になりそうです。主人公は女の子。まあ,これはいつも通り。因みに最近拘りの褐色肌の娘さんにしています。今回は主人公の外見タイプが幾つかあるのが嬉しいですね。着替えも出来るみたいなので,このあたりも楽しみにしたいと思います。相変わらず,登場する女の子は大変可愛らしいのがよろしいです。ポケモンよりもこっちを集めたいくらい,というのは流石にまずいかな。

 現在は2つめの街であるハクダンシティに到達したところまで。初期ポケモンは可愛らしさ重視でフォッコにしました。狐は大好きな動物だしね。登場するポケモンは一新されているのかな。『ポケットモンスターブラック』の序盤とはかなり違う印象があります。バオップは見たような気がするけれど。現在の主力はフォッコ,バオップ,ヤヤコマ,ルリリあたり。まだまだ弱いポケモンばかりなので戦闘はかなり慎重に進めています。相性関係はやっぱり分かり難いので慣れて行きたいところ。ルリリも結構可愛いので育成していきたいものです。

 始めたばかりなので冒険の主たる目的は不明。というか,冒険に出る理由が強引過ぎます。このあたりはもうちょっと何とかならないものか。システム周りは流石に快適ですね。DSから3DSにハードが変わったことでグラフィック面でも大幅に強化されているように思います。今回は最初からダッシュが出来るのも好印象。まあ,ぼちぼちと進めて行きたいものです。クリアできるまで求心力を保って欲しいなあと思います。
posted by 森山樹 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記

閃の軌跡 その10

第3章 鉄路を越えて〜蒼穹の大地〜
プレイ時間:24時間21分
現在地:ノルド高原
リィン:Lv26
アリサ:Lv25
エマ:Lv26
ガイウス:Lv24
ユーシス:Lv25

 第3章を攻略中。ノルド高原での特別実習に励んでいます。これからゼンダー門へと向かうところ。これまでは割と制限された街道や迷宮が舞台となることが多かったのですが,今回のノルド高原は非常に開放感のある広々とした雰囲気が素敵。移動も徒歩ではなく馬で行うことになります。敵はそれなりに強いのですが,仲間も戦闘力の高いユーシスとガイウスが揃っているのでそれなりに楽。ガイウスがSクラフト技〈カラミティホーク〉を,アリサがクラフト技〈メルトレイン〉を覚えてくれたのも助かります。また,新たなARCUSによる戦術連携ラッシュも解禁されました。更に戦術の幅が広がって戦闘が楽しくなるのが嬉しいです。

 物語面では新たな出会いが幾つか。何と言っても,ノルド高原へ向かう途中で出逢ったアリサの母イリーナの存在感が大きい。ラインフォルト社の会長であり,トールズ士官学院の常任でもあるというのだから只者ではありません。アリサとの間の確執も今後物語に関わってくることになるのかしら。そして,神出鬼没のシャロンも素晴らしい。この人もいろいろな意味で只者ではないよなあ。ノルド高原はエレボニア帝国とカルバード共和国との紛争地域ということで設置されたゼンダー門の指揮官ゼクス・ヴァンダール中将も軍の重鎮として注目すべき人物。ガイウスをトールズ士官学院に推挙した張本人でもあります。ヴァンダールという家名はミュラー・ヴァンダールと同族ということなのかしら。ミュラーもオリビエ・レンハイムと一緒に登場して欲しいですね。舞台がエレボニア帝国ということなので登場しないわけはないと思うのですけれども。

 此処までのところは順調に特別実習をこなしています。ケルディックやバリアハートとは異なり,貴族派と革新派の抗争といった形で騒動に巻き込まれることはなさそう。あり得るとすれば,帝国と共和国の紛争に関わることになるのでしょうか。とりあえずは与えられたクエストをひとつずつ地道に達成することだけであります。このあたりでARCUSのスロットを全開放するとともに,装備品の充実を図っていきたいと思います。まあ,装備品の改造はUマテリアルがないと話にならないのですけれどね。なかなか敵が落としてくれないので出来る範囲でということになりそうです。
タグ:閃の軌跡
posted by 森山樹 at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記