2013年10月18日

閃の軌跡 その13

第4章 緋の帝都〜夏至祭〜
プレイ時間:31時間17分
現在地:近郊都市トリスタ
リィン:Lv33
アリサ:Lv33
エマ:Lv33
ラウラ:Lv31
マキアス:Lv31
エリオット:Lv31

 第3章を終えて第4章へ。現在は第4章の自由行動日を満喫しております。といっても,最後に残ったクエストである旧校舎地下第4層の探索を進行中でありますけれども。季節が初夏に移り変わったことで≪VII組≫も冬服から夏服に衣替え。まあ,設定次第では冬服で行動することも可能であります。個人的には冬服の方が好みかなあ。とりあえずは季節に応じて夏服を着用していますが飽きたら冬服に変更しようと思います。私服姿も披露して欲しいものですね。なお,娘さん方の水着姿が堪能できるのも第4章であります。個人的にはアンゼリカやトワ,シャロンの姿が見たかったところですね。

 最終盤で緊張感が漂ったノルド高原での第3章ですが,何とかエレボニア帝国とカルバード共和国の激突は回避することが出来ました。その立役者となったのは『零の軌跡』『碧の軌跡』でも活躍を見せたレクター・アランドール。クレア・リーヴェルト,ミリアム・オライオンとともに鉄血宰相ギリアス・オズボーン子飼いの〈鉄血の子供たち〉の一員であります。相変わらず,飄々としたところは健在。その確かな実力の一端は『碧の軌跡』でも明らかになっていますので,なるべくならば敵に回したくない存在です。クレア,ミリアムとともに今後も活躍を見せてくれることでありましょう。また,第4章冒頭ではオリビエ・レンハイムことオリヴァルト・ライゼ・アルノールが登場。此方も活躍を期待したいもの。或いはギリアス・オズボーンの〈鉄血の子供たち〉への対抗手段として彼がトールズ士官学院≪VII組≫を設立したのではないかと想像しています。このあたりの裏事情も披露されることを期待したいものですね。そのオリビエの妹姫アルフィンとリィンの妹エリゼも今後出番が増えてきそうであります。

 物語はいよいよ中盤くらいに差し掛かっているのかな。ノルド高原で戦ったギデオンが所属する組織との戦いも第4章では激化することになるのでしょう。特別実習の舞台はまだ明らかになっていませんが章題から判断するに帝都ヘイムダルと思われます。夏至祭という祭りを舞台にリィンたち≪VII組≫が如何なる活躍を見せるかに期待したいものです。微妙な空気が漂うフィーとラウラの関係改善も課題ですし,特別な能力や胡乱な行動を見せるエマの正体も気になるところ。黒猫セリーヌも意外に重要な役割を担いそうです。ギリアス・オズボーンが言う≪鉄血の子供たち≫の筆頭がエマということは流石にないと思うのですけれども。
タグ:閃の軌跡
posted by 森山樹 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記