2013年10月19日

閃の軌跡 その14

第4章 緋の帝都〜夏至祭〜
プレイ時間:32時間53分
現在地:近郊都市トリスタ
リィン:Lv34
フィー:Lv31
エリオット:Lv33
マキアス:Lv33
ラウラ:Lv33

 第4章の特別実習に出発する直前。今回の特別実習は帝都ヘイムダルということになりました。構成は上述の通り。これまであまり使っていない仲間が中心なので楽しみであります。一番の課題はラウラとフィーということになりましょうけれども。ユーシスやマキアスみたく根が単純であれば簡単なのですけれどね。ふたりの蟠りの根本的な原因が見出せないのが歯痒いところであります。それも今回の特別実習の中で明らかになることでありましょう。そして,帝都ヘイムダルは夏至祭の真っただ中ということで此方にも大いに期待します。帝室が物語に絡んでくると面白いのですが。或いはノルド高原で矛を交えたギデオンらの目的と思われる鉄血宰相ギリアス・オズボーンとの直接の対峙もあるかもしれません。或る意味での物語の転換点となりそうな章であります。

 第3章では自由行動日の最後にリィンの妹のエリゼ・シュバルツァーが登場。兄様大好きぶりを如何なく発揮してくれました。そして,彼女の危機に際して協力してくれたのがクロウ先輩とパトリックというのが実に熱い。貴族特有の高慢さはあるもののパトリックも決して悪い奴ではないのだなあということが良く分かります。一方のクロウ先輩はARCUSの適格者として戦闘にも参加。しかし,トールズ士官学院旧校舎地下に突如として現れた赤い扉とその中から出現した巨大甲冑といよいよ謎めいてきた感があります。赤い扉はエリゼ自身に反応していたように思いますし,エリゼの危機を目の当たりにして突如として強大な力が覚醒したように思えるリィンにも謎が秘められている模様。このあたりは予断を許さない要素かと思われます。また,そのエリゼを窮地に陥れることでリィンの覚醒を促したように思える黒猫セリーヌの存在も気になるところ。何らかの繋がりが示唆されているエマの立ち位置もいささか不穏であります。敵ではないと信じたいのですけれども。

 物語はエレボニア帝国の中枢である帝都ヘイムダルへ。此処はマキアスとエリオットの出身地でもあります。マキアスの父は帝都知事ということが明らかになっていますが,エリオットの背景はそう言えば未だに明かされていません。このあたりは今章で取り上げられるのかな。何はともあれ,戦いも激化する筈。様々な謎を内包しながら進む物語が実に楽しいです。しかし,どう考えても今作だけでは終わらないような気がしますよね。〈空の軌跡〉三部作や『零の軌跡』『碧の軌跡』同様に複数作品による構成なのかもしれません。因みに現在は『碧の軌跡』ではオルキスタワーが完成する直前の模様です。こういう共時性のある演出は大好きですね。
タグ:閃の軌跡
posted by 森山樹 at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記