2013年11月17日

閃の軌跡 その29

第6章 黒と銀〜鋼都動乱〜
プレイ時間:67時間56分
現在地:第6章終了
リィン:Lv63

 漸く第6章をクリア。ザクセン鉄鉱山で発生した帝国解放戦線による占領事件は無事に解決されました。しかし,この事件が起こした余波はあまりにも大きい模様。帝国解放戦線と貴族派領邦軍との結びつきは最早決定的となり,鉄血宰相ギリアス・オズボーンと革新派との激突は避けられ得ぬ情勢となりつつあります。オリヴァルド皇子の立ち位置は一応中立なのでしょうけれど,やや貴族派には批判的な意見を持っているのかな。また,ザクセン鉄鉱山での戦いにおいても気になるところが散見しました。次章以降で大きな焦点となってきそうな予感があります。

 ザクセン鉄鉱山での帝国解放戦線の幹部≪V≫ことヴァルカン及び幹部≪C≫との対決はかなり厳しかった。やはりSクラフト技を放つ敵との戦いは苦戦を余儀なくされます。今回はリィンとアンゼリカが攻撃役,アリサとエリオットが回復役及び補佐役を担うことで何とか勝利を収めることが出来ました。此処まで来ると終始〈アダマンガード〉で完璧防御を可能な限りかけておくことが重要となります。また,ボス敵のお伴として登場する魔獣相手には意外にリィンの遅延攻撃が有効。これでほぼ完封することが出来ます。アンゼリカのクラフト技での気絶が≪C≫に通るのもかなり大きい。工夫することで幾らでも戦闘は楽になりそうな気がします。しかし,ザクセン鉄鉱山での≪C≫との戦いで彼の人物への疑いは決定的になったのではないかなあ。あまりに都合の良い単独行動や使用武器,或いはクラフト技からしても≪C≫の正体は彼を指しているとしか思えないのですよね。今後,彼が如何なる行動を起こすのか楽しみにしたいと思います。

 物語は更に混迷を増してきました。≪C≫が語る鉄血宰相を直接攻撃する準備は整ったという言葉があまりにも不穏であります。次章はトールズ士官学院の学院祭が主軸になると思いますが,如何なる展開となるのか予断を許しません。帝国解放戦線が乗り込んだ導力ヘリが爆破されましたが,あれは明らかに偽装でありましょう。帝国解放戦線が,≪C≫が,次に打ってくる手を待ちたいと思います。いよいよ,最終章かなという気もしますけれども。

 余談。Afterwardsとして語られたクレア・リーヴェルト鉄道憲兵大尉とシャロン・クルーガーとの邂逅が実に興味深い。というか,明らかにシャロンの正体が結社≪身喰らう蛇≫の一員でありますよね。武器は鉄斬糸といったところでありましょうか。“死線”の二つ名を持つに相応しい圧倒的な強さが魅力的であります。イリーナやアリサに対する忠誠心も嘘ではないと思われるのですが,このあたりの真意も今後の鍵を握りそうな気がしますね。楽しみ。
タグ:閃の軌跡
posted by 森山樹 at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記

2013年11月18日

閃の軌跡 その30

終章 士官学院祭,そして−
プレイ時間:70時間36分
現在地:近郊都市トリスタ
リィン:Lv63

 遂に終章突入。やはりトールズ士官学院の学院祭が最後の舞台となりそうですね。即ち,本作が恐らくは物語の途中で終わってしまうということを如実に証明しているかのようであります。現在のところは士官学院祭の前夜を終えたところまで。帝国解放戦線の崩壊及び貴族派と革新派の対立が小康状態に落ち着いたことで一応は平穏な雰囲気が保たれています。尤も,この平穏が偽りのものであることはまず間違いないのでありましょうけれども。せめて,士官学院祭だけでも無事に終わって欲しいものであります。

 士官学院祭で着用する衣装を帝都ヘイムダルまで受け取りに行くイベントではアリサを選択。一応一周目のヒロインはアリサになろうかと思います。一番好きなのはサラ教官なんだけどね。なお,第6章での事件の結果としてアンゼリカはトールズ士官学院を事実上の退学処分となってしまいました。貴族派の首魁のひとりログナー侯爵の息女という立場を考えると仕方がないところなのかなあ。しかし,その貴族派の四大名門のひとつハイアームズ家のパトリックでさえも貴族派のやり方に疑念を持ち始めたのが面白い。単純に嫌な奴ではないのですよね。或いはリィンの心強い味方となってくれるのかもしれません。

 とりあえずは事件が起きるまでは素直にトールズ士官学院祭を楽しむことにします。幾つかのサブイベントも進めたいところ。釣りはヌシを釣り上げたので完遂できました。結果が強力なマスタークォーツというのは嬉しいですね。後は料理イベントかな。今回は書籍を揃えることでの報酬はないのかしら。旧校舎地下の秘密も結局明かされないままですね。このあたりは次回作へと持ち越しになるのか気になります。何はともあれ,物語に一応の決着がつくのか注目したいところではあります。此処まで登場した主要な人物が一堂に会すトールズ士官学院祭に何かが起こらぬ筈はないのでありますから。
タグ:閃の軌跡
posted by 森山樹 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記

2013年11月22日

購入録(2013.11.22)


予約していた『新・ロロナのアトリエ』を購入しました。
間違ってPS3版予約してましたが,無事にVITA版を入手出来て重畳。
〈アーランドの錬金術師〉シリーズの最初期作ですね。
『トトリのアトリエPlus』『メルルのアトリエPlus』が楽しかったので期待大。
早速遊びたいところではありますが,『閃の軌跡』を優先。
何とか今月末くらいにはプレイ開始したいと思います。

〈2013年ゲーム購入覚書〉 計21本 ¥128,790
posted by 森山樹 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2013年11月23日

閃の軌跡 その31

終章 士官学院祭,そして−
プレイ時間:73時間43分
現在地:巨イナル影ノ領域
リィン:Lv63
エマ:Lv59
ラウラ:Lv59
ミリアム:Lv59
ガイウス:Lv59
ユーシス:Lv59
クロウ:Lv60

 トールズ士官学院の学院祭初日終了。その夜に旧校舎で起きた異変の謎を探るべく探索しています。舞台は旧校舎地下最下層,巨イナル影ノ領域。以前にエリゼが来た時と同じように謎の声がリィンたちを誘導します。そして,ローエングリン城と同じく蒼い光に包まれて鳴り響く鐘の音。『碧の軌跡』を彷彿とさせる出来事に興味深いものがあります。これが事実上の最終ダンジョンとなるのかな。≪VII組≫全員が勢揃いしての迷宮探索は素直に楽しい。相変わらず,隠し事の垣間見えるエマだけは固定メンバーではありますが,その他は自由に編成することが出来ます。最終戦ではアリサやフィーを起用しますがとりあえずはレベルが低い仲間を優先的に組み込んでみたいと思います。

 学院祭の初日はイベントが盛りだくさんで結構楽しめました。渡された6枚のチケットを使いながら仲間との絆を育むのが目的となります。まあ,例によって女性陣としか遊んではいないのですけれども。特にお気に入りのサラ教官には2枚分使用。生徒会長のトワにも1枚使っています。後はアリサ,ラウラ,フィーに1枚ずつだったかな。戦闘のことを考えれば絆レベルが最大値に至っている仲間に使う必要はないのですけれどね。また,学院祭の中で起きる事件を解決するのもリィンの仕事。此方もそれなりに順調にこなせたように思います。見逃しているクエストはないと思いたいところであります。

 ゲームとしては最終局面を迎えているように思いますが,物語としては全く閉じる様子がないのが何とも。クロスベル自治州での混乱が伝わってきますが,同時に帝国国内でも貴族派と革新派との対立は解決への糸口を見いだせていません。崩壊したとされる帝国解放戦線もやがて再び姿を現すことは目に見えています。とりあえずは旧校舎地下の巨イナル影ノ領域を探索することに専念しますが,その先にリィンたちを待ち受ける運命の予測が全く出来ません。OPで思わせぶりに登場していた青い鳥も此処に到って漸くその姿を見せました。となると,その青い鳥に手を延ばしていた謎の女性も登場するのかな。また,帝国解放戦線の首魁≪C≫と目する人物の動向にも注目したいもの。彼の目的が鉄血宰相ギリアス・オズボーンであることは承知していますが,その理由まではまだ不明のまま。或いは彼との戦いで今作の物語は幕を閉じるのかもしれません。それはそれで辛い結末ともなりそうではありますけれども。
タグ:閃の軌跡
posted by 森山樹 at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記

2013年11月26日

閃の軌跡 その32

終章 士官学院祭,そして−
プレイ時間:79時間19分
現在地:巨イナル影ノ領域
リィン:Lv67
エマ:Lv66
アリサ:Lv66
エリオット:Lv66
フィー:Lv66
ラウラ:Lv66
ユーシス:Lv66

 引き続きトールズ士官学院旧校舎地下最下層の巨イナル影ノ領域を探索中。恐らくは事実上の最終ダンジョンではないかと思われますが,流石に敵が強くて難儀しています。徘徊する雑魚の筈なのにHPが40000ある敵が複数登場してきたりしますからね。とは言え,何とか最深部までは辿りついたのでこれから恐らくは更に強力なボス戦が控えているものと予想されます。苦戦することは必至でしょうから,装備品を充実させ,回復アイテムを揃え,万全の態勢で臨みたいと思います。特にマスタークォーツとクォーツの選定は肝心だよね。これの選択次第では意外に楽勝になったりすることもありますので。

 ボス戦は上記のメンバーで臨む予定。リィンとラウラ,エマ,エリオットが特に主力となりそうです。リィンとラウラは攻撃役。エマとエリオットは回復役&補佐役。特に強力なボス戦では〈アダマスガード〉の使い方が明暗を分けるので,このあたりはきちんと使えるようにしておきたいもの。アダマステーキを量産していくのも悪くないかもしれません。回復の切り札としての〈セラフィムリング〉も重要。攻撃面では連携とクラフト技を駆使して地道に削っていくしかないのだろうなあ。何かの時に備えてSクラフト技はいつでも使えるようにしておかないといけません。このあたりの戦闘時の戦略性は非常に好みであります。かなり意地が悪い部分も感じるけれどね。

 クリアまで後もう少しかな。物語としてはまだまだ続きそうな雰囲気が漂っていますけれどね。今回の事態に結社〈身喰らう蛇〉の関与がそれ程ないのが意外。このあたりは次回作で,ということになるのかもしれません。巨イナル影ノ領域を突破した後に何が起きるのか楽しみでもあり,不安でもあります。一気に事態が激変しそうな予感もあるのですよね。胡乱な人物が多数存在しているので,彼らが正体を明かすかどうかも注目したいもの。特にシャロン・クルーガーとヴィータ・クロチルド,クロウ・アームブラストの3人がその最たるものであります。
タグ:閃の軌跡
posted by 森山樹 at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記