2013年12月08日

魔界の滅亡


漸く刊行された〈ドルアーガの塔〉三部作の最終巻。
今回は加筆修正が為されているようです。
久々に遊びたい気もするけれど結構時間がかかるんだよね。
自分にマッピングの楽しさを教えてくれたゲームでもあります。
時間があれば『悪魔に魅せられし者』『魔宮の勇者たち』と遊びたいですね。
創土社さんには今後もゲームブックの刊行を期待しています。
〈Cthulhu Mythos Files〉といい素敵な出版社だと思います。
posted by 森山樹 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 非電源系

2013年12月09日

新・ロロナのアトリエ その5

プレイ時間:15時間4分
2年目9月12日
ロロナ(冒険者レベル:30 錬金術師レベル:24)
クーデリア レベル:30 交友値:62
エスティ レベル:31 交友値:60

 7つめの王国依頼の達成を目指しているところ。まあ,大まかな目標は既に達成済みなので後は残っている任意の依頼を片付けています。これが結構難しかったりするのだけれども。ホムちゃんの手助けがあるとはいえ,なかなか全ての要素を楽しむのが難しくなってきました。一周目はともかくとして二周目はある程度目標を絞った方が良さそうに思います。また,そろそろクーデリアの火力不足が厳しくなってきた気がしますね。エスティさんとステルクさんあたりを組ませた方がいいのかもしれません。リオネラやタントリスも未知数の魅力がありますね。このあたりも二周目以降に試したいところです。

 ホムちゃんと猫のこなーのイベントが超和みます。そこにクーデリアも交えたイベントの破壊力が素晴らしい。相変わらず,キャラクターの魅力が際立ったシリーズでありますね。年齢や結婚の話題が禁句のエスティさんも実に可愛い。寧ろ,嫁に来て欲しい。騒動屋のアストリッド師匠もなんだかんだ言いながらきちんとロロナを導いている様子が見えるのが楽しいです。基本的に悪人が登場しない世界観というのが嬉しいです。タントリスとアストリッド師匠の過去話もなかなか面白い。交友が深まることで更なる掘り下げが為されることを期待したいと思います。

 そう言えば物語は2年目の9月を過ぎました。3年間が物語の舞台なので半分以上が過ぎ去ったということになります。そろそろ新たな物語が動きだしそうな予感もするのですが,どうなのかなあ。このまま漫然と王国依頼を果たすだけでも充分に楽しいと思うのだけど。此処まで登場した採集地も全てを探索できたわけではないですからね。一周目はのんびり遊んで行くつもりだけど,少しでも良い結末に辿りつきたいというのは当然のこと。地道に頑張りたいと思います。とりあえず仲間の装備品が充実したので暫く戦う分には困らないと信じたいところです。
posted by 森山樹 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記

2013年12月11日

新・ロロナのアトリエ その6

プレイ時間:17時間58分
3年目3月5日
ロロナ(冒険者レベル:34 錬金術師レベル:29)
クーデリア レベル:34 交友値:67
エスティ レベル:34 交友値:60

 遂に約束の三年目に突入。まあ,此処までのところは一応順調と言っていいのかな。王国依頼は過不足なく果たしています。それ以外の依頼では及ばぬところも結構ありますけれどね。2年目末の王国祭では武闘大会に出場し見事に優勝を飾りました。ステルクさんを倒しての優勝というのが素直に嬉しい。しかし,相変わらずエスティさんが素敵過ぎます。嫁に来てほしい。

 残るは1年を切って,探索と調合と依頼達成に時間がなくなってきました。ホムちゃんが有能なので,一度調合したものは彼女に任せられるのが有難いけれども。遠方の探索地だと片道に7日かかるので90日間という期限がかなり厳しいのですよね。なるべくならば,探索は一度で済ませて,残る時間は調合と依頼達成に費やしたいところであります。意外にMPの消費も激しいから適度に休養も取らないといけませんしね。討伐モンスターもかなり強力になってきたのできちんと対策を取らねばなりません。まあ,このあたりの時間配分を考えるというのも楽しいゲームではあります。まあ,一周目だから特に計算をしているわけでもないのだけれども。

 仲間は相変わらずクーデリアとエスティさん。クーデリアの火力不足は結構痛いので,やはりステルクさんあたりを仲間に入れるべきか。アストリッド師匠も一緒に冒険について来てくれるようにはなったのだけど,雇用費が約10000コールというのはあまりにも辛いものがあります。可能ならば範囲攻撃が出来る仲間が欲しいですね。リオネラかタントリスを使うべきなのかもしれません。このまま最後までアトリエの存続だけを目的とした展開になるのかなあ。それはそれで悪くはないのだけれども最終的な目標が欲しいところではあります。延長戦に入れるのかどうかも気になるところ。のんびり遊んで行きたいと思います。そろそろ一周目も終わることだしね。
posted by 森山樹 at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記

2013年12月12日

新・ロロナのアトリエ その7

プレイ時間:19時間43分
3年目5月10日
ロロナ(冒険者レベル:39 錬金術師レベル:31)
クーデリア レベル:39 交友値:69
エスティ レベル:39 交友値:60

 10個目の王国依頼に取り組んでいるところ。とは言え,既に王国依頼は達成済みなので現在は任意の依頼を少しずつ潰しています。とは言え,結構厄介なものが多いので完遂は難しそうだけどね。夜の領域を探索したことで一気に冒険者レベルが上がったのは喜ばしい。これで通常のモンスターならば,それ程苦戦することはありません。討伐モンスターを倒すにはまだまだ骨が折れるけれどね。プラティーンを入手したので強力な武器を開発したいところではあります。

 物語も残すは半年強。王国依頼は後2回ということになるのでしょう。思ったほどクーデリアやエスティさんとの交友値が上がらないのが不安ではありますが,此処まで王国依頼そのものは満点評価で達成しているので,悪くはない結果ではある筈。問題は探索が思うように進んでいないことですね。オルトガラクセンも全く足を踏み入れていないしなあ。時間的な余裕がなさ過ぎます。ホムちゃんの調合レベル及び採集レベルが上がったので更に有能になったのは嬉しいところ。そろそろ二周目への引き継ぎも考えた方がいいのかなあ。特にお金は可能な限り残しておきたいところです。装備品も引き継がれるなら,此方も肝要な筈。尤も,まだ延長戦の可能性は残っているので,早計かもしれませんけれども。

 いつの間にやら,プレイ時間が20時間間近。軽く遊べるゲームではありますが,やはりそれなりに時間はかかります。二周目以降は多少は短縮出来る筈ですけれども。『ブレイブリーデフォルト フォー・ザ・シークウェル』も保留したままになっていますが,先ずはこの『新・ロロナのアトリエ』を優先したいところです。少なくとも三周くらいはしそうな予感があります。やっぱり〈アトリエ〉シリーズは大好きなのですよね。更なる新作も期待したいものであります。
posted by 森山樹 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記

2013年12月14日

新・ロロナのアトリエ その8

プレイ時間:21時間18分
3年目7月16日
ロロナ(冒険者レベル:42 錬金術師レベル:34)
クーデリア レベル:42 交友値:69
エスティ レベル:42 交友値:60

 11個目の王国依頼を進行中。少し寄り道をしてオルトガラクセンを進んでみました。採集地というよりも敵との修行場という意味合いが強いのかな。強力な魔物が出現しますが,その分身入りは大きいです。まだ,最深層まで辿りついたわけではないけれどね。夜の領域も完全制覇したいのだけれども,立ちはだかるドラゴンが強力すぎて倒せません。より高品質の防具が欲しいのだけど,材料のスケイルクロスを作るには原材料として竜の鱗が必要なのよね。何処で入手出来るのかしら。

 残すは半年を切りましたが,やっぱり最終的な目標はアトリエの存続ということみたいですね。行方不明の母を探すとか王国を救うとかいったものはないのかな。それはそれで少し残念だけど。但し,11個目の王国依頼を受けた直後にステルクさんに頼みごとをしに行ったアストリッド師匠の真意が気になるところ。言動はともかく真意はなかなか読み取れないご御仁であります。エスティさんとクーデリアの交友値も最近全く上がっていないなあ。キャラクター別エンドも用意されている筈だけど,今回の到達は厳しいかもしれません。そろそろ二周目への引き継ぎも考えておきたいもの。問題は何が引き継がれるか,ですが。漸く調合出来た旅人の靴は残って欲しいなあ。

 とりあえず今週末には一周目を終わらせたいもの。年末の予定も結構立てこんできていますし,一年間の総決算の準備もしないといけません。何よりもここのところ残業が続いているので趣味に割く時間の確保が厳しいのですよね。二周目は帰省の際ということになるかなあ。でも,もう直ぐ『ファイナルファンタジーX HD』や『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』も発売されるのですよね。『ブレイブリーデフォルト フォー・ザ・シークウェル』を始め積んでいるゲームも多いので何とかしたいもの。時間を有効に使いたいと思います。
posted by 森山樹 at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記