2014年01月18日

ブレイブリーデフォルト フォー・ザ・シークウェルその4

3章「いとしい絆よ」 
プレイ時間:22時間37分
現在地:グランシップ
ティズ:Lv36(狩人Lv9)
アニエス:Lv36(白魔道士Lv8)
リングアベル:Lv36(ナイトLv9)
イデア:Lv36(ヴァルキリーLv8)

 3章に突入。艶花の国フロウエルでの戦いを終えて現在は海上の巨大船都市グランシップに辿りついたところまで。火のクリスタルを目指す冒険の始まりであります。艶花の国フロウエルでの一連の戦いの帰結は水の巫女オリビアの死をもって閉じるというのが後味が悪い。これから暫くはアニエスが思い詰めたように視野狭窄となってしまうのが辛いところです。エタルニア公国元帥の娘であるというイデアの出自が明かされたのも物語としては大きいかな。魔女ヴィクトリアの幼さの中に秘めた残酷性も印象に残ります。

 水の神殿ではルサルカと対決。戦い方はある程度覚えていたので,それほど苦労することはありませんでした。一番辛かったのは赤魔道士ディローサとの戦いかなあ。此方の攻撃を受けてBPを回復する〈リベンジャー〉は長期戦では非常に厄介であります。加えて〈サンダラ〉や〈ケアルラ〉といった中位の魔法を駆使する難敵でもありました。とは言え,この艶花の国フロウエルでの戦いをもって狩人,召喚士,ヴァルキリー,赤魔道士の4つのアスタリスクを入手することが出来たのは重畳であります。特に相変わらず,弓の攻撃力は戦闘の要でもありますので,狩人は即戦力となってくれます。ヴァルキリーはちょっと癖があるけれど,見た目が可愛いのでつい使ってしまいます。リングアデルは相変わらずナイトのままだけどね。

 まだまだ先は長いですね。『ブレイブリーデフォルト フォー・ザ・シークウェル』で追加されたシナリオを見たいだけなのだけれども,そこまで遊ぶ気力が続くか疑問に思えてきました。面白いことは面白いのは確か。それでも同じ物語を延々と遊ぶのは流石にいろいろと時間の制約を感じてしまいます。月末までにクリアできなければ,『アマガミ』か『闘神都市』に移ってしまいそうだなあ。『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』も遊びたいところではありますし。悩ましいです。
posted by 森山樹 at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記