2014年02月01日

2014年2月ゲーム購入予定

02.06 ドラゴンクエストモンスターズ2 3DS スクウェア・エニックス
02.13 A列車で行こう3D 3DS アートディンク

上記ふたつとも現段階では購入予定はなし。
『A列車で行こう3D』はちょっと心惹かれるものがありますけれども。
あまり時間のかかるゲームはやる気にならないのですよね。
『ドラゴンクエストモンスターズ2』もそれ程興味はなし。
それなりに楽しむことはできるのでしょうけれども。
早くスタンドアローンのナンバリングタイトルを遊びたいものです。
結果的には2月は購入は全くない月になる可能性が大きいかな。

満を持して発売されるPS4の動向には結構注目。
とは言え,現段階では食指の動くソフトには欠けています。
大型RPGが発表されてからということになるのかな。
或いは上述のように全くゲーム購入予定がないので,
PS3の購入に踏み切るにはいい時期なのかもしれません。
4月には消費税が上がってしまいますしね。
このあたりもちょっと検討してみたいところではあります。
posted by 森山樹 at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定

初音ミク Project DIVA f その1

 とりあえずEASYではひととおりクリア出来ました。評価はSからEまでさまざま。最初は結構難しかったのですが,慣れればそれなりの評価を得られるようになったのが嬉しいです。NORMALは現在は「キャットフード」だけクリア。一気にキー操作が煩雑になって慌ただしくなります。凡ミスが続くと焦るのが敗因よね。このあたりは失敗して覚えていく部分でもあるのでしょう。

 画面は流石に綺麗であります。ボーカロイドには全く詳しくないのですが,初音ミクは実に可愛い。後のキャラは殆ど今作で初めて知ったものばかりですが,巡音ルカとMEIKOが結構好みかなあ。特に巡音ルカのモジュール「エターナルホワイト」はたまらないですね。というか,『銀河鉄道999』のメーテルなんだけどさ。ボーカロイド曲らしく歌詞は割といい加減な印象が強いです。まあ,個人的に目くじら立てる気はないけれど。「DYE」や「Stay with me」はかなりいい感じかな。「秘密警察」とかはすごい歌詞だなあと思うけれど。

 何はともあれ,キャラが魅力的だし,リズムゲームとしても素直に楽しい。頑張ってせめてNORMALまではクリアを目指したいところであります。それ以上は流石に自分には厳しい気がするけれども。春に予定されている新作はどうするか検討中。一度既出之情報を確認した上で他の購入との兼ね合い次第では予約してもいいかなあと思っています。
タグ:Project DIVA F
posted by 森山樹 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記

2014年02月02日

2014年1月ゲーム記録

2014年1月に購入したゲームは以下の通り。
・うた組み575
・初音ミク Project DIVA f
・アマガミ
・闘神都市

『うた組み575』と『初音ミク Project DIVA f』を遊んでいました。
あまり遊んだことのないリズムアクションゲームが意外に新鮮でした。
今後もこのジャンルは遊んで行きたいと思います。
あとは買ってから放置してあった『特殊報道部』を始めました。
オカルト系アドベンチャーゲームは改めて大好物だなあと思います。
もっと早く始めていればよかったなあ。
雰囲気は実によいので続篇を期待したいものであります。
『ブレイブリーデフォルト フォー・ザ・シークウェル』はちょっと飽きてきました。
同じお話を追うには面倒な要素が多すぎるのですよね。
このまま暫く小休止したいと思います。
『アマガミ』はPSP版に比べて非常にプレイ環境が充実。
特にロード時間の大幅な改善が嬉しいです。
画面も綺麗なので改めて遊んでみたいと思っています。

新作関係では『閃の軌跡』の続篇が正式に発表となりました。
『閃の軌跡II』という題名はあまりセンスを感じませんけれども。
2014年発売と言うことなので楽しみにしたいと思います。
『魔都紅色遊撃隊』も発売日が4月に決定。
此方は春先最大の期待の作品となりそうです。
〈閃乱カグラ〉の新作が発表されたのも嬉しいです。
PS4もいよいよ今月が発売となります。
ゲーム好きとして此方の動向も大いに注目したいもの。
その前にいつPS3購入に踏み切るかのほうが自分には大きな問題ですが。
『ペルソナ5』次第と言ってしまえば,それまでなのですけれどね。
posted by 森山樹 at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム記録

特殊報道部 その2

 第4話と第5話をクリア。謎の黒服・熊崎の登場により物語は新たな局面に入ったかなという印象があります。但し,現段階では熊崎の目的は謎。放送倫理委員会の役員だったことくらいしか分かっていないのですよね。第1話に登場した黒服集団との関連性はないのかなあ。いずれにせよ,明確に敵とも味方とも言い切れない胡乱な人物であることは間違いありません。第5話の犯人の消息にも何らかの形で関与していることは明白ですしね。

 此処までプレイして思うのは題材となっているオカルト現象が事件の中で意外な形を見せるのが顕著ということ。第2話「人体発火」は人体発火現象が改造人間やクローン人間の話題に遷移しましたし,第3話「エシュロン」もインプラントや宇宙生命体の話が中心になっていきました。このあたりは一捻りがしてあって面白いなあと思います。なお,第4話は「ポルターガイスト」が,第5話は「予知能力」がそれぞれ物語の表層的な話題として提示されます。が,此方もそう安直に終わらないのが興味深いところ。特に第1話,第3話,第5話はいずれも人外の存在が物語の陰に潜んでいるのが面白い。第1話と第3話で登場したミステリーサークルのある草原はいずれまた特殊報道部の前に姿を現しそうな予感があります。

 特殊報道部の面々は相変わらず魅力的。特に此処に来て楓ちゃんが可愛らしさを加速度的に増しています。主人公の遼へ寄せる態度が実にいじらしいのですよね。勿論,彩さんも非常に魅力的ではあるのですけれど。第4話で屋敷の中に遼とふたりで閉じ込められたときに幽霊に怯える楓ちゃんは特筆ものでありました。また,佐曾利プロデューサーの胡散臭さもたまらなく素敵。いい加減さの中に見せる報道人としての意識の高さが格好いいです。第5話では衛さんや彩さんが敵の掌中に陥る展開の中でただ一人マインドコントロールにかからない強さも見せてくれました。この人が中心となるお話も欲しいものです。

 物語は全何話かまだ分かりませんが,そろそろ終盤に差し掛かっている筈。いずれにせよ,熊崎の存在が大きな鍵となることは間違いないのでしょう。規模も相応に大掛かりな物語が増えてきているのも楽しい。全てのお話が一点に収束することを期待していますが,そうでなくともある程度納得のできる結末を見せて欲しいものであります。それ程には不安視をしているわけではないですけれどね。
posted by 森山樹 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記

2014年02月09日

闘神都市 その1

5日目 プレイ時間:4時間42分
ステラ:Lv11

 プレイを開始。現在は闘神大会第一回戦のケイジン戦の直前。まだ,あまり自信がないのでラグナート遺跡で鍛えています。とりあえずはレベルがもう一つ上がったら挑戦するつもり。モンスターカードは5枚入手していますが,こんなものなのかなあ。元になった『闘神都市II』は遊んでいませんが,此処までのところは割と普通のRPGという感じで楽しんでいます。端々にもともとは成人向けのゲームだった名残は感じますけれどね。

 基本的には闘神大会の対戦に臨む前にラグナート遺跡で戦力を強化するというのが当面の流れとなりそう。或いは女の子と仲良くなってスキルを獲得するというのも方法ではありますが,これはイベント進行なので如何ともしがたい部分があります。女の子モンスターカードもスキル獲得には欠かせないのだけれど,お金がかかるのが難点。序盤からかなり金策には苦労させられています。女の子は絵柄が好みじゃないのがちょっと辛い。まあ,シュリさんやくじらちゃんは可愛いけどね。今後更に登場するであろう女の子に期待したいと思います。

 まあ,現段階ではそれなりに好評価かな。闘神ダイジェストのゆるい雰囲気も悪くありません。ぱうぱう〜。闘神大会を主宰するアプロスさんがどう考えても悪役なのですが,このあたりが如何なる展開を迎えるのか楽しみです。暫くはこのゲームを中心に遊んで行きたいと思います。やや,システム周りでは気になるところがないとはいえないんだけどね。
タグ:闘神都市
posted by 森山樹 at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記