2014年02月16日

闘神都市 その4

22日目 プレイ時間:18時間50分
ステラ:Lv34

 闘神大会の準々決勝戦で臥路を撃破。現在は準決勝のザビエル戦に備えてラグナード遺跡を探索中。しかし,策略によって勝ち上がってきたザビエルによって葉月が攫われてしまうという非常事態が起きてしまいます。罠と知りながらも葉月を救出の為に赴くことになります。此処に来てドジっ子忍者の鈴夜が意外に重要な役割を担っているのが面白い。葉月,セレーナ,咲夜に次ぐ存在になりつつありますね。一方のザビエルのパートナーであるレイヌの悪辣さもなかなか好み。一筋縄ではいかない雰囲気が漂います。

 臥路と雫姫のイベントはそれなりに幸福な終わり方で満足。敵としては結構強かったけれどね。APが5になったことで戦闘中の攻撃が様々な組み合わせが試せるようになったのは大きい。相変わらず,〈六十四文キック〉が切り札的扱いではあるのだけど。また,このあたりまで来るとサポートスキルの存在がかなり大きくなってきます。特に状態異常に対する自動回復やカウンター攻撃はかなり有効。このあたりも個性の分かれるところでありましょうか。自分なりの攻撃姿勢を模索したいところであります。

 闘神大会もそろそろ大詰めではありますが,物語はまだまだ続きそう。また登場していない女性陣のシルエットが気になります。天使の如き翼を背中に携えた女性たちの存在が不穏なのですよね。このあたりは闘神大会主催者のアプロスの思惑も絡んできそうな予感があります。先ずはザビエルの卑劣な罠から葉月を救い,決勝でビルナスを,そしてその先に立つ現闘神クランクを倒すことが目的となりましょうけれども。
タグ:闘神都市
posted by 森山樹 at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記