2014年04月13日

アーシャのアトリエPlus その3

プレイ時間:17時間4分
2年目12月26日
アーシャ:冒険者レベル32 調合レベル29
ウィルベル:レベル32 交友値100
リンカ:レベル32 交友値100

 ぼちぼちと進行中。短期的な目標がないので,物語の進行度が分かりません。無駄な行動が多いので,たぶんあまり順調ではない気がするけれど。ウィルベルとリンカの交友値がMAXになりました。どちらも可愛いから楽しいです。マリオンやオディーリア,レジーナも使いたいんだけどねえ。着せ替え要素がないというのが寂しいです。二周目はマリオンとオディーリアを使いたいなと思っています。なお,此処まで今作では男性の仲間がいないというのは面白い。まあ,いたとしても使わないんだろうけれどね。アーニーもキースグリフもアーシャを見守る立ち位置だからなあ。

 ニオを助ける為の手掛かりとなる遺跡の花は新たに百年に一度の花と雨を待つ花を入手。ニオの声が聞こえるようになったというのは或る種の進展ではあるのでしょう。また,ホルンハイムから気球を使うことで塩の砂漠とホムンクルスの町に行くことが出来るようになりました。漸く流浪の民の靴を調合出来たので移動時間が短縮されるのも大きい。戦闘に際してもそれなりに強力な爆弾を使用できます。とは言え,今作は錬金術の教科書が各地に散らばっているので逃さずに集めるのが結構大変。特に第弐図書館の教科書は高額なものが多いですからねえ。なかなか金策に苦労するゲームであります。まあ,そこが楽しくもあるのだけれども。

 〈アーランドの錬金術師〉との違いには漸く慣れてきたかなという印象。今回は特段の本拠地というものがないので自由に進めることが出来ます。その分,いろいろな場所に行けるのが楽しい。但し,短期目標が廃されているので冒険の指針を与えられないということでもあります。どちらかというと冒険色が強まったという見方も出来るのかな。いずれにせよ,登場するキャラクターの魅力が格別なのが嬉しいです。特にマリオンとリンカは大のお気に入り。ウィルベルの師匠の大婆さまも興味深い存在だけど実際にお会いできる日は来るのかなあ。何はともあれ,二周目を遊ぶことを前提に楽しんでいきたいと思います。
posted by 森山樹 at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記