2014年05月01日

2014年5月ゲーム購入予定

購入予定の作品は現段階ではなし。
ちょっと寂しい一か月になりそうです。
逆に6月はRPGが集中しています。
もうちょっと分散して発売してくれると有難いなあ。
遊ぶゲームに事欠かないのは僥倖と言えば僥倖。
積んであるゲームを積極的に崩して行きたいと思います。
最優先は続篇が6月に出る『零の軌跡Evolution』かな。
『ペルソナQ』の予習で『ペルソナ4ザ・ゴールデン』もちょっと遊びたい。
『魔都紅色幽撃隊』も少しずつ進めないとね。
過去に見送った作品を購入することもあり得そうです。
偶にはこういう月も有難いものではあります。

posted by 森山樹 at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定

2014年05月04日

2014年4月ゲーム記録

2014年4月に購入したゲームは以下の通り。
・魔都紅色幽撃隊

『アーシャのアトリエPlus』に終始した一か月でありました。
新たなシリーズの幕開けに相応しい充実した作品であったように思います。
ニオの救出後はやることが少なくなるのが難点だけどね。
登場人物は誰もみな魅力的なのは嬉しかった。
特にマリオンとリンカは大のお気に入りであります。
メリエッタさんの美人ぶりもたまらないよね。
続篇のPS VITA移植を楽しみに待ちたいと思います。
『魔都紅色幽撃隊』は序盤を遊んでみました。
相変わらずの感情入力システムが微妙に分かりにくい。
但し,作品を貫く雰囲気がたまらなく好み。
戦闘はやや難易度が高いように感じます。
少しずつ進めていきたいところであります。
暫くは『零の軌跡Evolution』との同時並行ということになりそうです。

漸くXbox ONEの発売日が決まりました。
まあ,現段階では購入する予定はなし。
PS3も『ペルソナ5』次第ということになりそうです。
そろそろ情報の開示があってもよさそうなものですけれどね。
そして5年ぶりの新作となる『真流行り神』がとても楽しみ。
登場人物が一新されているのが気になるところではあります。
あの雰囲気を保ってくれていれば問題はない筈。
前シリーズとの関連性も仄めかしてくれると嬉しいなあ。
いずれにせよ,絶対に購入することは間違いありません。
〈流行り神〉もPS VITA移植して欲しいものであります。
今更PSPで遊ぶ気にはなれないですからね。
posted by 森山樹 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム記録

2014年05月05日

零の軌跡Evolution その4

第1章 神狼たちの午後
プレイ時間:13時間37分
現在地:クロスベル市
ロイド:Lv14
エリィ:Lv14
ティオ:Lv14
ランディ:Lv14

 引き続き第1章を楽しんでいます。現在はアルモリカ村の探索を終えて,聖ウルスラ医科大学へと到達したところ。これからセシルとの面会が待っています。戦闘はとりあえずまだ楽。但し,ウルスラ古道での魔獣とのボス戦は結構苦戦しました。これまでの敵とは段違いの攻撃力と防御力ですからね。また,力を溜めた後の強烈な一撃に気絶の効果が付加されるのが痛い。装備品やクォーツの編成がそろそろ重要となってきます。魔法に該当するアーツは即時効果ではないのでやや使いにくいのですけれどね。

 一度はクリアしたゲームではありますが,再度のプレイも十分に楽しい。やはり戦闘が楽しいRPGの求心力はかなりのものがあります。物語も王道ながら燃えるものがあるのですよね。第1章では新たに〈空の軌跡〉の主人公であるエステルとヨシュアが登場。同時代を舞台とした〈軌跡〉シリーズの連携は大いに望むところであります。『閃の軌跡II』でロイドやエリィたちの登場は十分にありそうだよね。クロスベル独立の顛末が描かれることを期待しています。

 とりあえずはぼんやりと遊んでいます。何とか『碧の軌跡Evolution』までにはクリアしておきたいものです。とは言え,直ぐに『碧の軌跡Evolution』に取り掛かることもないでしょうけれども。同じ時期に発売される『ペルソナQ』をどうしても優先してしまいますからね。まあ,ぼちぼちとじっくり進めていきたいと思います。焦るものではありませんから。
タグ:零の軌跡
posted by 森山樹 at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記

2014年05月06日

零の軌跡Evolution その5

第2章 金の太陽,銀の月
プレイ時間:20時間30分
現在地:クロスベル市
ロイド:Lv17
エリィ:Lv17
ティオ:Lv17
ランディ:Lv17

 漸く第1章クリア。此処までに既に20時間を経過しているのが恐ろしい。割と頻繁にクロスベル住民の台詞が変化するのでついつい追いかけてしまうのですよね。稀に隠し支援任務が発生することもあるから手が抜けません。このあたりが〈軌跡〉シリーズの大好きな部分でもあるのですが,無闇に時間がかかる部分でもあります。今回もクリアまでに100時間近く掛ってしまうことでしょう。

 魔獣捜索の任務は無事に遂行。晴れて伝説の神狼ツァイトが特務支援課の仲間となりました。これでティオのSクラフトが充実します。また,レンやアリオスといった物語の鍵を握る人物が本格的に登場してきたのが楽しい。特にレンは『零の軌跡』におけるもうひとりの主人公といった立ち位置ですからね。エステルとヨシュアのふたりとレンの関係がロイドたち特務支援課とは別の道での『零の軌跡』の物語であります。このあたりは〈空の軌跡〉を遊んでいると更に理解できることでありましょう。遊んでいない身が恨めしく思えます。そして,第1章末でのレンとアリオスとの会話が如何にも素敵。結社〈身喰らう蛇〉はまだこの時点では本格的な蠢動を始めてはいませんが,その萌芽を疑わせます。今後の〈軌跡〉シリーズの中で〈身喰らう蛇〉との決着は描かれるのか楽しみであります。

 第2章は劇団アルカンシェルが舞台となります。イリア・プラティエやリーシャの登場が素直に嬉しい。特にリーシャはその素性も相まって,かなり魅力的な存在なのですよね。ノエル曹長が今章では出番がないので,その分を補って欲しいところ。『碧の軌跡Evolution』ではワジやノエル,リーシャといったあたりの大活躍が楽しめるのが待ち遠しい。ノエルは個人的には『零の軌跡』『碧の軌跡』におけるヒロインなのだけどなあ。ソーニャ司令官も素敵ですけれど。

 連休が終わるので今後の進行はゆっくりとなる予定。極力,今月中にはクリアに辿りつきたいところであります。『魔都紅色幽撃隊』も遊びたいところなのだけどなあ。改めて『零の軌跡』という作品の過不足ない魅力に囚われています。他趣味との兼ね合いもありますので没頭することはできませんが,少しずつ進めていくつもりです。
タグ:零の軌跡
posted by 森山樹 at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記

2014年05月10日

零の軌跡Evolution その6

第2章 金の太陽,銀の月
プレイ時間:27時間22分
現在地:クロスベル市
ロイド:Lv20
エリィ:Lv19
ティオ:Lv19
ランディ:Lv19

 第2章進行中。劇団アルカンシェルの看板女優イリア・プラティエの元に届いた脅迫状を巡る事件が中心となります。現在は黒月のツァオ・リーへの聞き込みを終えたところ。捜査一課のアレックス・ダドリーの介入によって特務支援課はこの事件から外されることになりました。ルパーチェ商会のガルシアや黒月のツァオ・リー,或いは未だに姿を見せぬ暗殺者〈銀〉と胡乱な人物が多数登場するのは楽しいです。イリアやリーシャら華やかな女性陣も素敵ですけれどね。

 物語の性質上,今回は聞き込みが中心。それ故に結構時間がかかります。支援任務はこまめにこなしていますが,隠し支援任務は漏らしている可能性があるのが辛い。まだ物語は前半というのに既に30時間近く費やしていますからね。これが〈軌跡〉シリーズの面白さでもあるのですが。

 戦闘はランディが覚えた〈クラッシュ・ボム〉が猛威を奮っています。耐性のない相手には100%盲目を付加するというのが凶悪。『零の軌跡Evolution』では敵の攻撃を回避すると結構な確率でカウンターが発生するので,まさに攻守一体の戦術となります。雑魚敵だけではなく,第1章のボスでもあるルパーチェ商会のマフィアやドーベン・ウルフにも効果があるというのは役立ちます。特に雑魚戦では大いなる切り札となりそうであります。

 クロスベルを取り巻く不穏な影の顕在化が面白い。このあたりは『碧の軌跡』で更に強く描かれることになります。一度はクリアした身ゆえ,この事態の影で動く真の邪悪の動向もいろいろと楽しい。とりあえずはロイドたちの戦いを素直に追いかけたいと思います。
タグ:零の軌跡
posted by 森山樹 at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記