2014年05月10日

零の軌跡Evolution その6

第2章 金の太陽,銀の月
プレイ時間:27時間22分
現在地:クロスベル市
ロイド:Lv20
エリィ:Lv19
ティオ:Lv19
ランディ:Lv19

 第2章進行中。劇団アルカンシェルの看板女優イリア・プラティエの元に届いた脅迫状を巡る事件が中心となります。現在は黒月のツァオ・リーへの聞き込みを終えたところ。捜査一課のアレックス・ダドリーの介入によって特務支援課はこの事件から外されることになりました。ルパーチェ商会のガルシアや黒月のツァオ・リー,或いは未だに姿を見せぬ暗殺者〈銀〉と胡乱な人物が多数登場するのは楽しいです。イリアやリーシャら華やかな女性陣も素敵ですけれどね。

 物語の性質上,今回は聞き込みが中心。それ故に結構時間がかかります。支援任務はこまめにこなしていますが,隠し支援任務は漏らしている可能性があるのが辛い。まだ物語は前半というのに既に30時間近く費やしていますからね。これが〈軌跡〉シリーズの面白さでもあるのですが。

 戦闘はランディが覚えた〈クラッシュ・ボム〉が猛威を奮っています。耐性のない相手には100%盲目を付加するというのが凶悪。『零の軌跡Evolution』では敵の攻撃を回避すると結構な確率でカウンターが発生するので,まさに攻守一体の戦術となります。雑魚敵だけではなく,第1章のボスでもあるルパーチェ商会のマフィアやドーベン・ウルフにも効果があるというのは役立ちます。特に雑魚戦では大いなる切り札となりそうであります。

 クロスベルを取り巻く不穏な影の顕在化が面白い。このあたりは『碧の軌跡』で更に強く描かれることになります。一度はクリアした身ゆえ,この事態の影で動く真の邪悪の動向もいろいろと楽しい。とりあえずはロイドたちの戦いを素直に追いかけたいと思います。
タグ:零の軌跡
posted by 森山樹 at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記