2014年06月01日

2014年6月ゲーム購入予定

06.05 ペルソナQ 3DS アトラス
06.12 碧の軌跡Evolution PS VITA 角川ゲームス

『ペルソナQ』は〈ペルソナ〉+〈世界樹の迷宮〉というのが魅力的。
『ペルソナ3』と『ペルソナ4』のキャラが総登場も嬉しいです。
どんなパーティを組むか,今から楽しみでなりません。
キャラ同士の掛け合いも面白そう。
この夏の最大の期待作のひとつであります。
『碧の軌跡Evolution』は移植作品。
とは言え,結構な強化がされているので此方も楽しみ。
特にノエル,ワジ,リーシャが主力に格上げは嬉しいよね。
『閃の軌跡』との関連も大きな作品であります。
ここらあたりの物語が強化されているのは流石に望めないかなあ。
いずれにせよ,どちらも楽しみに過ぎる作品であります。
優先は『ペルソナQ』ということになりますけれどね。
posted by 森山樹 at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定

2014年06月05日

購入録(2014.06.05)


予約していた『ペルソナQ』を購入。
早速遊んでいます。
雰囲気の良さは流石というべきか。
遊ぶ時間を少しずつ確保したいと思います。
『ペルソナ4』サイドで始めましたが,
早く『ペルソナ3』と合流したいですね。

〈2014年ゲーム購入覚書〉 計8本

posted by 森山樹 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年06月06日

2014年5月ゲーム記録

5月はゲーム購入はなし。
『零の軌跡Evolution』を遊んでいましたがクリアには至らず。
『ペルソナQ』と平行に進めたいところであります。
一度遊んだゲームだけれど,やはり楽しい。
『碧の軌跡Evolution』への引き継ぎもあるので頑張ります。
まあ,『ペルソナQ』をどうしても優先してしまうでしょうけれどね。

今月でPSPが販売終了となることになりました。
一線級で活躍してくれた携帯機だけにちょっと寂しいですね。
ゲーム資産はかなりあるので予備に一台買うのもいいかなあ。
PS VITAで遊べない作品もまだ結構ありますから。
まあ,概ねはDL購入という方法もあるのですけれども。
ちょっと思案どころではあります。
PS3も欲しくなってきたので,どちらを優先するかですね。
posted by 森山樹 at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム記録

2014年06月08日

ペルソナQ その1

プレイ時間:6時間42分
現在地:不思議の国のアナタ 第3章
森山 樹(主人公):Lv9
花村 陽介:Lv7
里中 千枝:Lv5
天城 雪子:Lv9
巽 完二:Lv5
白鐘 直斗:Lv6
クマ:Lv7
善と玲:Lv9
久慈川りせ:Lv9

 『ペルソナQ』をプレイ開始。事前情報を殆ど仕入れていなかったけれど,『ペルソナ3』と『ペルソナ4』で物語が違うみたいですね。途中で合流はするんだろうけれど。悩んだ挙句に『ペルソナ4』で始めることにしました。明るい雰囲気が非常に好みであります。陽介の突っ込みが追い付かないほどにボケまくる千枝と雪子が楽しい。クマもやっぱり魅力的だよなあ。早く『ペルソナ3』と合流して欲しいもの。アイギスやゆかりを使いたいです。

 システム的には完全に〈ペルソナ〉+〈世界樹の迷宮〉。難易度はNORMALで始めましたが,それでも結構戦闘は辛いものがあります。特に先制攻撃を喰らうとかなり厳しい。このあたりは如何にもATLUSの作品といった趣があります。パーティは自由に組み替えられることが出来ます。今作はサブペルソナの存在があるので,ある程度は好みで選んでも問題はないかと思われます。最低限4属性の攻撃魔法と回復魔法は揃えておかねばなりませんけれども。支援役であるりせのスキルを使いこなすのが重要かなあ。まだまだこのあたりは模索していきたいところであります。

 雰囲気は完全に『ペルソナ4』で楽しい。SDキャラも非常に可愛いです。雪子とりせは大のお気に入り。マーガレットやマリーもたまりません。今作での新キャラとなる善と玲も思った以上に魅力的。特に玲の可愛らしさは特筆もの。ドーナツやアメリカンドッグをいつも食べている腹ぺこぶりが素敵です。善との掛け合いも面白い。物語の鍵を握る存在であることは間違いありませんが,如何なる立ち位置となるのかは全く予想出来ず。あまり変な終わり方をして欲しくないなあと思います。それくらいにお気に入り。最初は余計な存在だなあと思っていたのですけれどね。

 現在は最初の迷宮である「不思議の国のアナタ」を探索中。第3章まで到達しましたが,戦闘が結構厳しいので第2章に戻って鍛えています。個人的にはある程度仲間を平均的に使うつもり。善&玲と雪子の起用がやや多めではあるけれどね。此処までのところはかなり好印象。楽しく遊んで行きたいと思っています。
タグ:ペルソナQ
posted by 森山樹 at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記

2014年06月09日

ペルソナQ その2

プレイ時間:10時間37分
現在地:不思議の国のアナタ 最終章
森山 樹(主人公):Lv13(節制カイチ)
花村 陽介:Lv9(皇帝オベロン)
里中 千枝:Lv10(恋愛アルプ)
天城 雪子:Lv11(星サラスヴァティ)
巽 完二:Lv9(戦車ナタタイシ)
白鐘 直斗:Lv11(正義エンジェル)
クマ:Lv9(女帝ヤクシニー)
善と玲:Lv13
久慈川りせ:Lv13(魔術師オロバス)

 「不思議の国のアナタ」最終章に到達。この迷宮のボス戦を控えて,戦力強化に勤しんでおります。まあ,ボス戦が厳しいのは分かり切っているので,先ずは様子見で戦うほうがいいのでありましょう。但し,此方も〈メディア〉や〈マハラギ〉,〈マハブフ〉,〈マハガル〉などを覚えて戦闘は一気に楽になってきました。相手の弱点を突いて,ブースト状態を如何に保つかが今作の戦闘の一番の鍵でありますね。SP消費が結構激しいだけにブースト状態でのSP消費なしはかなり大きいものがあります。

 編成は相変わらず善&玲を固定で後は適当にバランスよく。結果的に千枝や雪子,直斗といった女性陣を優先的に起用するのは仕方がないことでありましょう。なお,シナリオ面は編成に左右されずにイベントが起きるというのは有難いです。「不思議の国のアナタ」を突破したら,いよいよ『ペルソナ3』の面々と合流ということになるのかな。早く『ペルソナ3』と『ペルソナ4』の仲間たちによる掛け合いが見たいものであります。勿論,マーガレット姉さんとエリザベスやテオドア,マリーとの会話もね。

 ペルソナもそれなりに強力なものが増えてきました。特に今作では支援役のりせのスキルを存分に活用できるのが楽しい。女教皇アメノウズメの〈治癒の法力〉はSP消費なしで全体回復出来るスキルなので重宝しています。弱点を補いながら,強力なスキルを確保するというのは従来どおり。このペルソナの合体と成長こそが迷宮探索の難易度を左右する要素であることは間違いありません。拘れば幾らでも時間がかかりそうだよね。また,唯一ペルソナを付けられない善&玲はその代わりに便利なスキルを幾つも覚えるのが素敵。玲の可愛らしさもあって,すっかり主力として位置付けています。

 とりあえずは「不思議の国のアナタ」をなるべく早く突破したいもの。新たな舞台での新たな冒険を心待ちにしています。『ペルソナ3』の仲間たちが如何に物語に関わっていくのかも楽しみでなりません。早くアイギスや美鶴さん,ゆかりらとの冒険を楽しみたいものであります。支援役はりせと風花で悩むことになるのでしょうね。それもまた贅沢な悩みだと思います。
タグ:ペルソナQ
posted by 森山樹 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記