2014年08月01日

2014年8月ゲーム購入予定

08.07 真・流行り神 PS VITA 日本一ソフトウェア
08.07 閃乱カグラ2真紅 3DS マーベラス
08.21 バレットガールズ PS VITA D3パブリッシャー

色物2本にちょっと期待の一か月。
『真・流行り神』は素直に楽しみ。
前シリーズとの間に関連性がなさそうなのがちょっと残念だけれども。
あの雰囲気の作品を再び楽しめるのは嬉しいです。
『閃乱カグラ2真紅』と『バレットガールズ』はお色気ゲーム。
但し,ゲーム性も相応に面白そうではあります。
特に『閃乱カグラ2真紅』はシリーズ好きなので大いに期待。
『バレットガールズ』はいい意味で悪質な香りが漂います。
本当はPS3があれば『ペルソナ4U2』を遊びたいんだけどなあ。
手元不如意の為に断念しました。
『ペルソナ4』の正統続篇として,いつかは遊びたいものです。
マリーや足立さんも登場することですしね。
posted by 森山樹 at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定

2014年08月02日

2014年7月ゲーム記録

2014年7月に購入したゲームは以下の通り。
・東京新世録オペレーションアビス
・初音ミクProject DIVA F2

『東京新世録オペレーションアビス』は序盤を少しだけ遊んでみました。
如何にもハック&スラッシュですね。
特徴的な世界観は割と魅力的かな。
慣れるまで時間はかかりそうですけれども。
『初音ミクProject DIVA F2』はとりあえずEASYをクリア。
NORMALは難しすぎて先に進めていません。
楽しいのは楽しいのですけれどね。
短時間で遊べるので気分転換に役立ってくれています。
巡音ルカの可愛らしさがたまりません。
というわけで,7月も『ペルソナQ』を遊んでいました。
個人的にちょっと飽きが来たのが大問題。
同じことの繰り返しなので中弛みを感じるのですよね。
迷宮の仕掛けも面倒臭くなってきましたし。
世界観そのものは大変に好みなのでクリアまで漕ぎつけたいものです。
場合によっては小休止をするかもしれませんけれども。

『大江戸ブラックスミス』とか『ブレイブリーセカンド』とか新情報が出てきましたね。
特に『ブレイブリーセカンド』は前作の数年後が舞台と言うのが楽しみ。
直接の続篇ということで,ティズやアニエスたちにまた再会できそうです。
『大江戸ブラックスミス』は鍛冶屋+吉原というのが魅力的。
新規タイトルとしてはかなり期待をしています。
今後の更なる情報に期待かなあ。
『閃の軌跡II』の新情報もたまらないものばかり。
ロイドとリーシャの参戦が嬉しいです。
『零の軌跡』『碧の軌跡』の完結篇的な意味合いもあるのかもしれません。
パルテナ様が登場する『スマッシュブラザーズ』も面白そうなのよね。
楽しそうなゲームが多くて嬉しい悲鳴を上げてしまいそうです。
購入するゲームを絞らないといけませんね。

posted by 森山樹 at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム記録

2014年08月07日

購入録(2014.08.07)


 

予約していた二本を引き取ってきました。
『閃乱カグラ2』は待望の正統続編。
但し,PS VITA版より登場人物が減っているのは悲しい。
雪泉や夜桜,両備や忌夢あたりのお気に入りが使えませんからねえ。
『真流行り神』は〈流行り神〉シリーズの最新作。
過去シリーズとの繋がりは現段階では確認できず。
登場人物の継承があれば嬉しいのだけどなあ。
どちらも大好きな作品なので楽しみたいと思います。

〈2014年ゲーム購入覚書〉 計13本

posted by 森山樹 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年08月10日

真流行り神 その1

 「ブラインドマン篇」「悪霊篇」「パンデミック篇」とクリア。新たな人物をもって語られる〈流行り神〉の新作ではありますが,旧シリーズの雰囲気はある程度継承されているのは嬉しい。また,東京拘置所の都市伝説である“死なない死刑囚”が言葉だけとはいえ登場するのがシリーズを通して遊んできた人間としては楽しいです。但し,旧シリーズの登場人物は今作には姿を見せることはありません。道明寺秋彦は出ると思っていたのだけどなあ。

 これまでの作品とは異なり,ひとつの物語が選択により,様々に分岐する構成となっています。最初に遊べるのは「ブラインドマン篇」だけですが,クリア後に「悪霊篇」と「パンデミック篇」が追加されました。現在は更に「生贄篇」と「死臭篇」にも進めるみたいです。各篇において物語が一変するのは楽しいかな。但し,過去作以上にグロテスクな描写が多いのも事実。伊達にZ指定の作品ではありません。また,各篇が科学篇とオカルト篇に分岐しないのはちょっと残念。物語に納得がいく真相の全てが提示されないのも前作通りと言えば前作通りだけど,やはり釈然としない想いが残ります。登場人物の死亡率がむやみに高いのもちょっとなあ。殆ど主人公以外は生き残らない印象があります。物語に応じて登場人物の立ち位置が変わるのも個人的にはあまり好きじゃない。登場人物が少ないのでその有効活用と言ってしまえば,それまでなのでしょうが。

 不満は多いですが,それでもなおやはり心惹かれる作品であることも事実。今作からの新システムであるライアーズアートも結構楽しい。選択肢の判断には困るけれど。物語の求心力もすこぶる良いです。都市伝説の研究者であり殺人犯である関本の存在はどうしてもレクター博士に被ってしまうけれどね。主人公の北條沙希も美人で好みであります。個人的にはもう少し仲間の存在に気を配って欲しかったなあという印象。前作の小暮さんや賀茂泉さん,霧崎さんや人見さん,それにゆうかちゃんといった仲間たち程の存在感に欠けるんですよね。場合によっては敵対することがあるのも残念すぎます。

 とりあえず3編をクリアしましたが,まだまだ様々な分岐を楽しめそう。他の物語も楽しみたいと思います。基本的にはグロい描写が満載なので辟易する部分もありますけれどね。特に「生贄篇」はかなり辛いものがあります。
タグ:真流行り神
posted by 森山樹 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記

2014年08月17日

閃乱カグラ2 真紅

 クリアしました。操作性にはかなり戸惑いましたが,慣れてしまえば,それ程難易度は高くなかったように思えます。アクションゲームが苦手な自分がクリアできるくらいですしね。攻撃の要はジャンプ攻撃による吹き飛ばしに尽きます。そこから如何に秘伝忍法に繋げるかが肝要と言えるでしょう。今作品の売りである巨大妖魔との対決も楽しかった。ふたり攻撃も様々なバリエーションがあって面白いです。まだ,全部を見たわけではないけれどね。

 物語は殆ど目を通していません。相変わらず,ライトノベル的な文体が苦手。大体の筋を追えているから問題はない筈です。神楽と奈落はもう少し出番が多くても良かった気がするなあ。特に成長した神楽は好みだけに終盤だけの登場と言うのが残念でありました。物語としては飛鳥と焔がやはり中心になってしまいます。それはそれで悪くないけれど。大道寺先輩と凛の共闘など燃える要素が多かったのは嬉しい。ただ,やはり『閃乱カグラ SHINOVI VERSUS』に比べると使用可能キャラクターが少ないのは残念。夜桜や両備,忌夢を使いたかったです。これは次回作に期待かなあ。

 お楽しみの更衣室はかなりパワーアップしています。セクハラ要素も満載で,よく3DSで出せたなあというレベル。おまけとしては十分にありでしょう。衣装もかなり種類が多いのが嬉しい。特に個人の忍び服に色違いが用意されているのが楽しかったです。あと,眼鏡の解禁がもっと早いと良かったなあ。斑鳩や葛城,焔といったお気に入りのキャラクターの着替えと写真撮影をしているだけで時間つぶしになりますね。この要素は〈閃乱カグラ〉シリーズの肝と言っても差し支えないのでありましょう。

 とりあえずは十分に楽しめた作品でした。序盤が一番苦しかったけれど,忍石を入手すると一気に楽になります。妖魔ノ巣でレベルを上げるのも戦力強化の大きな手段のひとつ。命駆すれば秘伝忍法を無限に使えるので効果的であります。但し,時期を見誤ると一気に終了となる危険性もある諸刃の刃でもありますけれど。どうしても厳しいときに命駆→秘伝忍法乱打の力押しは少なくとも自分にはかなり有用でありました。ジャンプ攻撃と組み合わせることで何とかなる局面ばかりだと思います。

 何はともあれ,楽しかった。更なる次回作にも大いに期待したいと思います。操作性もこのままの水準を保って欲しいもの。偶にバグが出るのが気がかりではありました。こまめに記録を取っておくほうが幸せかと思います。

posted by 森山樹 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記