2008年07月11日

ペルソナ4 その1

 4月15日まで
 主人公Lv:4

 プレイ時間は2時間半程度。
 というわけで,結局始めてしまいました。といっても,今のところ強制進行ばかりで自由に行動できるようになるにはしばらくかかりそう。これからに期待といったところでしょうか。
 舞台となるのは稲羽市。名前からも風景からも山陰地方の地方都市を想起させます。自分もその辺りの出身なので何となく懐かしい。これまではどちらかと言えば近未来的都市が舞台という印象があったペルソナですが,こういう割合に長閑な雰囲気も悪くありません。この稲羽市で起こる連続殺人事件の謎に迫るというのが今回の目的のようです。被害者がアンテナや電柱に吊下げられているという猟奇的な情景は結構好み。真相を解き明かすのが楽しみです。
 仲間としては花村陽介,里中千枝,天城雪子の3人が登場。人間関係の構築が作品のもう一つの大きな楽しみです。今のところの一押しは天城雪子嬢。テンション低めの正統派和風美人というのは素直にツボです。陽介と千枝はそれほど印象が強くありません。このあたりは実際に仲間として戦うようになってからでしょう。戦闘は強制での2回だけですが,今回はペルソナ召喚に特殊な道具は必要ないのかな。頭を銃で撃ちぬくという前回の召喚方法が非常に印象的だったので少し拍子抜けの感は否めません。従前から話題となっていた眼鏡もペルソナの召喚器ではありませんでした。残念。
 何はともあれ,これから1年間の学生生活とペルソナ使いとしての戦いの日々を楽しもうと思っています。次に遊ぶことができるのは来週になってしまいそうですが。こういうときに携帯機で遊べるゲームは嬉しいよね。
posted by 森山樹 at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ペルソナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16830678
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック