2008年08月22日

東京魔人學園剣風帖 その1

第三話「妖刀」まで

 せっかく購入したので第一話くらいは遊ぼうかと思っていたら,いつの間にか第三話まで終わっていました。基本的にはPS版の移植なのですが,ADV時に立絵がアニメーションするなど幾つか新たな要素も加わっています。というか,杏子の胸が揺れすぎだろう。この手の媚びた演出は好きじゃないので止めて欲しかったな。それ程気にするところではないかもしれないけれど。それから第二話以降は終了する度にED曲「七夕」が流れるのも新たな趣向。曲そのものは非常に好み。ただし,東京魔人學園外法帖と比べて曲の入りが神がかっていないのが残念。後から追加されたものだから仕方はないでしょうけれどね。
 基本的に戦闘はぬるい上に回数も少ないので順調に進んでいます。現段階では攻撃手段を持たない美里葵はひたすら≪力天使の緑≫で仲間の防御力を上げるか,主人公との方陣技≪黄龍菩薩陣≫を使うか。それにしてもこの方陣技は思い切りネタばれだよな。主人公,蓬莱寺京一,醍醐雄矢,桜井小蒔は強力な攻撃技があるので楽。とりあえず主力となる5人はそれなりに均一にレベルを上げることにします。
 同梱されている東京魔人學園剣風帖朧奇譚はクリア後のお楽しみという扱いのようです。できれば,第零話から始めたかったけれど,初めてこの作品に触れる人にはこの方がいいのかも。それにしても10年前のゲームなんですね。20世紀末が既に郷愁感さえ漂うことに時の流れの速さを実感して愕然となります。
 ペルソナ4,ドラクエVとともに一応は同時進行させるつもり。停滞しているペルソナ4も早いところ再開させないとなあ。
posted by 森山樹 at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京魔人學園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18237398
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック