2008年09月16日

東京魔人學園剣風帖 その3

第壱話「転校生」まで
主人公Lv:2

 思うところあって,第壱話からやり直し。単に比良坂紗夜の復活フラグを立てられなかったのが気になっただけなんですけどね。どうせなら全員を仲間にしたいところですし,今ならまだやり直しが効くところなので。
 二度目の第壱話ということで前回とは異なる選択肢を選んでみたのですが,これが案外に楽しい。特にツボだったのが遠野杏子の初対面時の感情入力で〈愛〉を選んだ時。彼女の抜け目なくがめつい性格が如実に表れていました。そこがまた可愛いんだけど。同じことを美里葵にすると逆効果というのも面白い。感情入力はこのゲームの最大の特徴であり,面白いところでもあるので,今後も可能な限りいろいろと試してみようと思います。最適な選択肢を選ぶのは案外難しいんだけどね。これに失敗して何度やり直しを余儀なくされたことか。
 PS版では朧奇譚に収録の第零話から始めるのが常だったので,第壱話の戦闘で主人公が弱いことに違和感が。もっとも,そんなに苦戦する相手でもないのですけれど。とりあえず,さっさと第七話まで物語を進めようと思います。比良坂紗夜絡みのイベントだけは慎重にしないとな。
posted by 森山樹 at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京魔人學園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19443632
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック