2009年01月16日

女神異聞録デビルサバイバー その1

現在位置:1st DAY 東京封鎖
レベル:主人公(スペード) 3 ユズ 3 アツロウ 3

 プロローグから1st DAY東京封鎖の途中までをプレイ。現在のところ,動作は快適で楽しいです。日常から非日常に変わる瞬間は〈女神転生〉シリーズにおいて必須のイベントですが,今回もごく自然な形で挿入されています。COMPから突然現れた悪魔たちとの戦闘,そして東京を包む怪異,と定石どおりの展開ではありますが,やはり燃えるものを感じます。しかし毎度毎度危機に見舞われる土地ですね,東京というのも。現在は都内全域の停電により外界から遮断された状態。そして悪魔たちが彷徨する危険な場所と化しています。悪魔と戦う翔門会なる組織や悪魔召喚プログラムを主人公たちに渡したナオヤ,それに未来を予測するラプラスメールと提示された謎めいた雰囲気も個人的に好み。今後の展開を楽しみにします。
 戦闘は基本的にシミュレーションRPGです。ただし,ユニット数は少なめなのがありがたい。リーダー+悪魔の小隊編成で戦うことになります。最近の〈女神転生〉系ゲームでは必須のプレスターンバトルと同様のシステムもあり,今回もクリティカルや敵の弱点狙いは必須の模様。そのため次の攻撃が必ずクリティカルとなる悪魔コボルトの〈狂化〉は結構役立ちそうな感じ。今のところ,コボルト,カブソ,ピクシーが仲魔となっています。今回はどのように仲魔を増やすのですかね。悪魔との会話というわけでもなさそう。
 アドベンチャーパートはかなり選択肢が多く分岐もありそう。またイベント自体がタイムテーブルで管理されている気配もあります。作中の7日間をプレイするということでプレイ時間そのものはそれほど長くはならなさそうです。繰り返しプレイが前提の作品と言えるでしょう。とりあえず,1周目は様子を見ながら適当に進めてみることにします。
 あと,どうでもいいけど,ユズが可愛い超可愛い。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25557009
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック