2009年11月04日

真・女神転生SJ その15

プレイ時間:68時間弱
現行作戦:NEUTRAL ENDING「真意」
主人公:NEUTRAL Lv85
龍神コウリュウ:CHAOS Lv81
魔人ペイルライダー:NEUTRAL Lv80
女神アマテラス:LAW Lv80
地母神セイオウボ:CHAOS Lv80
邪神サマエル:LAW Lv78
魔王スルト:CHAOS Lv79
大天使スラオシャ:LAW Lv76

 ようやくクリアしました。最終敵となった大霊母メムアレフ→虚大霊メムアレフとの二連戦は苦戦はしましたが,何とか激闘の末,彼女を滅ぼすことが出来ました。と言っても,大霊母メムアレフ戦では全滅を数度繰り返しています。全ては電撃属性が弱点の妖精王の鎧を装備していた為。キス・マーなる連撃で負傷したところへの弱点属性での攻撃に耐えきることは出来ませんでした。仕方がないのでエネミーサーチでしか戦えない死神モトを倒して,最強クラスの防具メソテースベストを入手することにしたのですが,これに結局1時間くらい費やした気がします。だって,エネミーサーチをしても秘神カーマか死神ネルガルしか出てこないのだもの。レア悪魔が出たと思ったら秘神カンギテンとか邪神セトだったりするし。『世界樹の迷宮』以降続く,敵から得た素材で武器防具開発というシステムはやっぱり面倒くさいです。まあ,御蔭で魔人トランペッターと2度遭遇し大量の経験値を稼がせては貰いましたけれど。ちなみに最終的な装備は天帝の剣,ピナーカP,メソテースベスト,ノルニルリングでした。
 最終敵メムアレフとの戦いには龍神コウリュウ,魔人ペイルライダー,女神アマテラスで臨みました。龍神コウリュウはメギドラオン,魔人ペイルライダーは狂気の粉砕,女神アマテラスはラスタキャンディ+ランダマイザで補助をしながらメシアライザーでの回復役。主人公は剣で攻撃しながら,適宜回復アイテム使用というのが主な戦い方。最初は物理攻撃を反射してきたのでどうなる事かと思いましたが,弱点が変化することを見破ってからは一気呵成に攻撃を叩きこむことが出来ました。特定属性の悪魔を強制的に帰還させるメム=アレフも属性を分散させておいたのが功を奏して,致命的な事態にならなかったのも嬉しいところ。それでもやはり戦闘にはそれなりの時間がかかる強力な敵でした。正に最終敵の名に相応しい存在だったように思います。
 この奇妙な旅の結末は割合にあっさりしたものでした。美味しいところは全てアーサーに持っていかれたように思うのは気のせいか。今回はNEUTRALの道を歩んだこともあり,地球の未来は人間に再び委ねられましたが,LAWやCHAOSでは如何なる終わりを迎えることになったのでしょうか。件の三賢者やルイ・サイファーもあれから登場しなかったしなあ。何よりも大天使マンセマットとは遂に一度も矛を交えなかったのは意外な展開。
 というわけで,自分の奇妙な旅はひとつの終わりを迎えました。基本的に如何にも〈真・女神転生〉らしい優れたシステムとシナリオを備えたゲームだったように思います。デモニカスーツの機能拡張も面白かったし,サブアプリである程度自分好みにカスタマイズできるのも楽しかった。此の辺りは〈真・女神転生〉シリーズと言うよりも『ソウルハッカーズ』の趣向を感じます。ただ,ダークゾーンに入る度にダークスキャナ軌道の演出が入るのは鬱陶しかったけれども。それからフォルマサーチは最初は楽しかったのですが,最後の方はかなり面倒くさくなっていました。悪魔合体の新要素デビルソースは個人的には割合好き。スキル継承が異常に簡単になったきらいはありますが,緩めのゲーマーとしてはこれくらいの方が有難いです。後は最近固定化されつつある登場悪魔を一新して欲しいというのが本音のところ。金子一馬による新規悪魔の姿を見たいです。
 何はともあれ,大変楽しませて貰いました。LAWとCHAOSでの展開も何れ遊びたいと思います。結構ゲームを積んでいる状態なので,かなり先のことにはなると思いますけれども。
posted by 森山樹 at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33413962
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック