2007年05月16日

FFXIIRW その3

 第三章に突入。
 ……といっても,本筋は進めていません。火力強化のためにフリーバトルを1回とサブシナリオを1本こなしただけ。まだ,ショップがないので装備の強化は戦闘後に貰える報酬に頼らざるを得ないの現状。
 このゲーム,どっかでやったことあるなあと思ってたら,FFVIIのコンドルフォートのミニゲームか。あれもヌルかったな。このゲームもとりあえずは全軍で各個撃破していけば,今のところは力押しでなんとかなります。回復役のパンネロだけ離れたところに配置して,外からケアルガを唱えさせとけば問題なし。基本的に敵の殲滅が目的となるのがちょっとうざったいかな。
 現在のところ召喚獣はボムとかゴブリンとかサボテンダーとか。数は多いんだけど,戦闘が常に乱戦ゆえ,どのユニットがどこで何をしているのか把握しづらく,個性を感じないのが残念。ランク2〜3に召喚獣は個性を期待したいところです。
 本筋とはあんまり関係がないんだけど,飛空船ブリッジでの会話とか航海日誌とかは結構好みだったり。聖剣伝説〜Legend of Mana〜のサボテンくん日記が好きだったんだよな。
posted by 森山樹 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | FFXIIRW
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4005355

この記事へのトラックバック