2007年06月01日

オーディンスフィア その1

 グウェンドリン第2章1幕。
 ようやく始めました。
 アクションRPGは苦手なので,なかなか進めることが出来ません。特に第1章でのユニコーンナイトや暴竜ベリアルには手こずりました。困ったものです。難易度はイージーで遊んでるんですが,自分には全然イージーではないみたい。クリア出来るかどうか不安ですが,とりあえず心を挫けることなく頑張ってみようと思います。
 というのは,あまりにも雰囲気が素敵すぎるから。北欧神話をベースにした世界観が魅力的にすぎます。このフレーバーを味わうだけでも,かなりの部分が満足。また,主人公グウェンドリンは空を滑空出来るのですが,これがすっごい気持ちいいの。非常にイメージに近いワルキューレ像であります。健気なところも二重丸。やー,可愛いです。しかし,それ以上に可愛かったりするのがアリスとソクラテス。アリスが読んでいる本がこのオーディンスフィアという物語になっているので,出番はゲームを立ち上げて章を選ぶときくらいなんだけど,アリスがめっちゃ可愛いの。黒猫ソクラテスを抱き上げるシーンなんて,もう!
 舞台を意識したとおぼしき通常画面やといい,絵本のようなグラフィックといい,美しい音楽といい,今のところ全てが自分の嗜好と合致しています。もうちょっと難易度が低かったらなおよかったかな。
posted by 森山樹 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディンスフィア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4198281
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック