2007年06月29日

オーディンスフィア その5

 グウェンドリン終章3幕。
 第5章の予言の竜レヴァンタンには散々手こずらされたものの,ここまで苦労しながらも鍛えてきた成果が出てきたのか,第6章は割合あっさりと妖精の女王メルセデスを倒すことが出来ました。HP1000回復するおべんとパンの威力は絶大だわ。二口目からはHP150しか回復しなかったりもするんだけど。
 このゲームを攻略する上で重要なのはやはりポーションの調合,これに尽きます。精製されるポーションもさることながら,精製時に放出されるフォゾンの量がバカに出来ない。フォゾンを貯めることで攻撃力が上がるシステムなので,いかに効率よくフォゾンを蓄えるかが非常に重要なのです。モンスターを倒してもフォゾンは手にはいるんだけど,それよりもポーション精製のほうがリスクがゼロの分はるかに望ましい。早くこのことに気づいてたら,こんなに苦労はしなかったのかもしれません。
 死の国エンデルフィアへと連れ去られた愛するオズワルドを追うグウェンドリンがいじらしくて,本当に可愛い。そして彼女のおつきのプーカの女性ミリスがまたいいのよ。
 なかなか先に進みませんが,ゆっくりと楽しんでいます。腰を据えてじっくり遊ぶのは最適のゲームに思います。
posted by 森山樹 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディンスフィア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4533765
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック