2011年12月29日

アマガミ その4

 棚町薫さんとの物語が終了。こちらもBESTエンドということになりました。基本的には一点集中型で行けば,まず間違いなく幸せな結末は迎えられる作りとなっていますね。この辺りは運の要素に左右される〈トゥルーラブストーリー〉との明確な差異といっていいかもしれません。逆に言えば,何度遊んでもBESTエンドに到る道は一本ということかもしれませんけれど。アルバムモードで確認する限り,見ていない一枚絵イベントは結構多そう。これを完全にしようと思うと相当な労力を要しそうです。まあ,『トゥルーラブストーリー2』では完全にしてしまったわけですけれど。あの頃とはゲームに割ける時間が大分違うしなあ。

 最後まで薫さんは自分好みのままでした。一夜を自分の部屋で過ごす時のドキドキ感がたまらない。サンタクロース衣裳も可愛かったしね。絢辻さんの時とは違ってクリスマスデートはポートタワーでした。必ずしも学校のクリスマスパーティが舞台となるわけでもないみたい。とにかく,こちらを弄って楽しむときの笑顔がたまらなく魅力的。こういう悪友めいた恋人関係というのは理想に思えます。絢辻さんとの女王様と奴隷というのも被虐趣味傾向のある自分には悪くないのですけれど。現段階ではこの作品の中で一番棚町薫さんが好みですね。次点で七咲逢さん。それから絢辻詞さんでしょうか。なお,余談ですが,パジャマ姿の美也の可愛らしさは特筆ものでした。あれは素晴らしい。

 というわけで,年末の帰省の為に『アマガミ』は一旦休止。年明けに戻ってきてから,他の女の子と仲良くなる道を模索したいと思います。年末に持って帰るゲームは『エルミナージュ3』が有力かなあ。短い時間でそれなりに楽しめる洞窟探検ゲームはこういうときに有難いですね。いや,『スーパーマリオ3Dランド』や『マリオカート7』でも悪くはないんだけどさ。
タグ:アマガミ
posted by 森山樹 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52558484
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック