2012年01月07日

2011年の反省と2012年の抱負

 ニンテンドー3DSにPS VITAと新たな携帯機が発売された2011年でした。PS VITAはまだ購入に踏み切っていませんが,ニンテンドー3DSは既に入手。ただ,個人的にはどちらもこれといったゲームには欠けている印象が否めません。まあ,年末に発売のPS VITAは仕方ないですけれどね。一方の3DSは販売不振が続き,早々と値下げに踏み切ると言うみっともないことになってしまいました。それでも10月以降は『スーパーマリオ3Dランド』『マリオカート7』『モンスターハンター3G』と話題作が立て続けに発売され,漸く軌道に乗った感があります。据え置き機は相変わらずXbox360だけを持っています。現状ではそれで特段の不都合も感じませんしね。PS3も大分安くなったので購入してもいいのですが,魅力的なソフトに欠ける印象なのですよね。同じことはWii及びその後継機Wii Uにも言えるわけですが,此方は『ドラゴンクエスト10』という大物が控えています。どこまで起爆剤となるかは注目したいところです。

 2011年に購入したゲームは27本。一昨年よりも1.5倍となりました。意外に多かった印象がありますね。クリアしたゲームは9本。此方はこんなものかなあ。相変わらず根気と集中力が続かずに投げ出す作品も少なくないです。ジャンルとしてはやはりRPGが中心。クリアするのに時間がかかってしまうのは仕方ありません。特に印象的な作品は『セブンスドラゴン2020』かなあ。前作で感じた不満点が一掃されていたのが素晴らしい。物語としても実に楽しめました。最後までだれることなく遊ぶことが出来る良作に仕上がっていたと思います。『戦場のヴァルキュリア3』も丁寧に作られた作品ですね。登場人物はかなり多いのですが,それぞれに個性豊かというのが良いです。システム面でも特に不満点を感じさせません。『デビルサバイバー2』は正統進化。大幅なシステム変更はないものの細かい部分で見直されていました。物語は如何にも〈女神転生〉に列する作品だなという印象ですね。『サガ3時空の覇者』『ペルソナ2罪』『デビルサバイバーオーバークロック』はリメイク或いは移植作品。何度遊んでも面白いゲームは面白いということを実感します。『零の軌跡』は一年遅れで遊びましたが,手堅い作りの楽しい作品でした。続篇『碧の軌跡』も早めに手をつけようと思います。

 2012年は上述の通り『ドラゴンクエスト10』が満を持して発売される予定です。但し,Wii及びWii Uということ,また,基本的にはオンラインゲームということですので,当面は見送ることになります。ひとりでも遊べる仕様らしいので様子見した挙句に購入することは充分に考えられますけれども。PS VITAは『ペルソナ4ザ・ゴールデン』と同時に購入する予定。3DSもPS VITAも先ずは遊びたいゲームを揃えて欲しいですね。現段階ではあまり魅力を感じませんから。とりあえずはXbox360の『SKYRIM』を遊んで行く予定。その合間に昨年積んだゲームを潰していこうと思います。尤も,ここ数年ゲームに費やす時間が増加していますので,今年は少し控えめにしたいところではあります。何はともあれ,素敵なゲームと巡り合えることを楽しみにしています。
posted by 森山樹 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52969210
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック