2012年07月12日

ペルソナ4ザ・ゴールデン その14

プレイ時間:101時間40分
進行状況:一周目クリア
森山樹:Lv99 花村陽介:Lv92 里中千枝:Lv92 天城雪子:Lv92
久慈川りせ:Lv99 巽完二:Lv91 白鐘直斗:Lv93 クマ:Lv91
主人公ペルソナ:Lv94ルシフェル,Lv85サタン,Lv84スカアハ,Lv84イシス,Lv83マダ,Lv83オーディン,Lv82カグヤ,Lv79アリス,Lv77ノルン
コミュニティ:愚者MAX,魔術師MAX,女教皇MAX,女帝MAX,皇帝MAX,法王MAX,恋愛MAX,戦車MAX,正義MAX,隠者9,運命MAX,剛毅7,死神3,節制6,悪魔8,星MAX,月8,太陽7,審判MAX,道化師5,永劫MAX

 一周目クリアしました。前回で既にラスボス一歩手前まで行っていたので,状態は全く変わっていません。敢えて言うならば二周目のプレイを見越して不要な道具を全て売り払ったということでしょうか。これで概ね100万円が手元にあるので,二周目は当初からそれなりに楽な戦いとなりそうです。二周目は一応NORMALではなくHARDに挑もうと思っていますしね。

 ラスボス戦は流石にレベルが高いこともあって苦戦はせず。最終的には千枝,雪子,クマで挑みました。雪子の〈メシアライザー〉にクマの〈メディアラハン〉がある上に主人公のペルソナも回復を請け負えるのが非常に心強い。〈マハタルカジャ〉や〈マハスクカジャ〉,〈マハラクカジャ〉で強化しながら,主人公と千枝の〈ゴッドハンド〉,雪子の〈華焔〉,クマの〈ブフダイン〉で削れば問題はありません。敵の攻撃も割合に嫌らしさを感じなかったしね。二度攻撃も脅威とはなりませんでした。〈幾千の呪言〉を使われた後は基本的に自動進行。お約束ですが,これまでにコミュニティで絆を結んだキャラクターが主人公を応援してくれる展開が実に熱い。最後に伊邪那岐大神が覚醒するのもやっぱり燃えますね。何故,主人公がワイルドの力に目覚めたのかは説明されることはありませんでしたけれど。このあたりは明確な理由があった『ペルソナ3』のほうが好みかなあ。

 EDは自称特別捜査隊に見送られて八十稲羽駅を後にする爽やかな演出。また,いつでも会えることが明示された一時の別れというのが良いです。主人公の乗った電車を追い掛けるみんながたまらなく素敵。また,『ペルソナ4ザ・ゴールデン』では夏休みに再び八十稲羽を訪れた主人公の後日談が挿入されています。自称特別捜査隊との再会が嬉しいのですが,何よりも全員の服装と髪型が変わっているのが楽しかった。妙に真面目になった完二が爆笑もの。また,髪をまとめた雪子や女らしい格好をする直斗も素敵です。りせも更に垢抜けた感じになりましたしね。マリーの意外な形での登場もよかった。TVを通じての主人公への愛の告白はコミュニティMAXかつ恋人関係だったからなのかな。最終戦後に明かされたマリーの真の正体も素晴らしかったです。詳しくは語りませんが,この『ペルソナ4ザ・ゴールデン』がまさに〈女神転生〉の流れを汲むに相応しい作品であることに証左に思えます。まさか追加の新キャラに此処まで重要な役割を担わせるとは思ってもみませんでした。

 というわけで,『ペルソナ4ザ・ゴールデン』でした。かなりの要素が追加されながら,既存の部分と齟齬を来していないという,完全版としてはこの上もなく優れた作品だと思います。元のゲームが優れているので当然ではありますが,追加された要素も雰囲気を壊すことなく世界観の深化に繋がっているのですよね。新キャラクターのマリーの扱いも素晴らしかった。PS Vitaの描画機能を存分に生かした美しいCGや音楽も楽しめました。あらゆる意味で国産RPGの現段階でのひとつの到達点かと思われます。今後は二周目を始めるつもり。『世界樹の迷宮IV』との同時進行になるので,進度はやや遅めになると思われますけれども。最低でも千枝,雪子,りせ,直斗とのクリスマス&バレンタインイベントを鑑賞したいと思います。
タグ:ペルソナ4G
posted by 森山樹 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57019370
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック