2007年10月14日

シャドウハーツIIDC その1

 現在地:アルデンヌの森 LV:4
 パリを目指してアルデンヌの森を徘徊中。

 無印のシャドウハーツIIは何度もクリアしたんだけど,ディレクターズカット版のプレイは初めて。とはいっても,幾つかダンジョンが追加されていたり,ジャッジメントリングが一回り大きくなっているくらいの変更なんですが。久々に遊ぶのでOPも見覚えがない。これは変更されていないよね。
 ドンレミ村〜アポイナの塔〜ドンレミ村という一連の導入イベントを経て,ようやく実質上最初のダンジョンにあたるアルデンヌの森を彷徨っています。敵は弱いのだけれど,油断をするとSPが減少して暴走してしまうのが,シャドウハーツの厄介なところ。バルバドスの紋章を手に入れるまではHPの回復手段がアイテム頼りなのもキツい。アルデンヌの森にあったはずなんだけど,どこだったかしら。
 シャドウハーツIIのOPは精神的にキツいものがあります。自らの力を封印された上に,ジャンヌをはじめとするドンレミ村の住民が殲滅されるんだものなあ。ウルのガラの悪さ・頭の悪さにどんなに救われていることか。それにしてもオオカミのブランカよりも知力の低い主人公ってどうなんだろう。スタート時のパーティがガラの悪い主人公・人形遣いの爺さん・オオカミという構成なのもすごいといえばすごいよな。
 ここまでの名台詞といえば,やどりぎをその身に突き刺された時のウルの「なんじゃ,こりゃあああああ!!」という絶叫でしょう。そう,西部警察のパロディです。この手のネタが満載なのもシャドウハーツの魅力ではあります。賛否分かれるだろうけど,個人的にはかなり好き。
posted by 森山樹 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シャドウハーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5875961
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック