2013年05月04日

セブンスドラゴン2020-II その8

Chapter3 蘇える狂気
プレイ時間:20時間21分
イズミ:サムライ Lv35
ホムラ:デストロイヤー Lv34
チカゲ:トリックスター Lv29
レナ:サイキック Lv30
シズク:ハッカー Lv29
マイム:アイドル Lv28

 Chapter3攻略中。真竜フォーマルハウトの力を受けて蘇った帝竜スリーピーホロウに対峙するべく,渋谷/繁花樹海を探索しています。混乱と睡眠という厄介な能力を有するスリーピーホロウではありますが,一度は退けた相手だけに対抗策が既知なのは嬉しい。現在はスリーピーホロウの混乱を封じる為にSKYのネコとダイゴと協力して渋谷にコンフュカッターを設置しています。これが終われば,いよいよスリーピーホロウとの再戦ということになるのかな。新たな能力に目覚めていなければ,とりあえずはコンフュカッターの性能次第では勝てる筈。頑張ります。

 真竜フォーマルハウトによりスリーピーホロウが再臨したということは他の帝竜が復活する可能性もあるということ。帝竜ウォークライやジゴワット,ロア=ア=ルア,トリニトロなどの再登場もあり得るのでしょうか。流石に真竜ニアラをも蘇らせることはないと信じたいところです。ただ,恐らくは帝竜は7体の筈。此処まで帝竜ティアマットとオケアヌスを屠っていますので,残るは5体。今回のスリーピーホロウも帝竜の一に数えられるとするならば,今作で初出の帝竜がその分減ってしまうということ。これはあまり歓迎することは出来ません。せめて,各Chapterで立ちはだかることになる帝竜は全部がオリジナルであって欲しいものであります。雑魚ドラゴンはただでさえ前作からの流用ばかりなんだからさ。

 とりあえず,二軍というわけではありませんが,トリックスターとサイキック,アイドルの三人を育成中。渋谷は空中属性の敵が多いのでトリックスターのチカゲはそれなりに活躍。サイキックのレナも敵の弱点を突けば,かなりの大打撃を与えることが出来ます。問題はアイドルのマイム。いまいち使い勝手の良いスキルに恵まれていない印象があります。スキルによってはフィーバー状態となることもあるのですが,これも現時点では利用価値が薄いなあ。デストロイヤーのD深度のほうが機能しているように思います。新しいスキルを獲得するまでは我慢かなあ。一概に使えないわけではないんだけどね。

 渋谷では強力な装備品が落ちているので,仲間全体がそれなりに強化されました。問題はやはり回復能力。此処まで来ると個人のLFを120回復のメディスIIIはともかく全体を40回復するヒールエアロIIは明らかに火力不足。〈キュア〉を覚えるサイキックがいないと苦境に陥ってしまいます。早くせめてヒールエアロIIIを店で買えるようにしたいもの。その為にもドラゴンを倒して資材を稼がないといけません。チェロンのクエストを解決しがてら,国会議事堂の改修作業にも尽力をしたいものです。

 前作過ぎると言えばそれまでなのだろうけれど,それだけ前作のシステム的な完成度が高かったと言うべきなのでしょうね。物語までもが前作同様というのはちょっと困るので,これから先の意外性のある展開を期待したいもの。特に真竜ニアラから時をそれ程置かずに新たな真竜フォーマルハウトが襲来した事情が大いに気になります。SECT11やSKYの存在も含めて,人間とドラゴンとの戦いが如何なる帰結を迎えるのか楽しみにしたいものです。ゴールデンウィーク中に少しでも先に進めておかないとなあ。
posted by 森山樹 at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/66444211
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック