2013年06月01日

真・女神転生IV その5

プレイ時間:15時間3分
現在地:東のミカド国
サムライ タツキ:Lv21
女神ハトホル:Lv21
妖魔コッパテング:Lv21
妖獣ライジュウ:Lv20
妖鳥コカクチョウ:Lv19
堕天使ハルパス:Lv19
凶鳥モー・ショボー:Lv18
地母神ズェラロンズ:Lv18

 東京を探索中。現在は上野から霞ヶ関へと辿りついたところ。悪魔討伐隊の基地を発見したので,一旦東のミカド国に戻っています。幾つかチャレンジクエストが溜まっているので,このあたりをクリアしてから再び東京へと戻るつもり。東京での勢力関係もだんだん分かって面白くなってきました。相変わらず戦闘は厳しいけれど,まだ何とかなります。レベルを上げたり,合体によって強力な仲間を作ったりと手段は幾つもありますからね。今回は悪魔合体時に継承できるスキルを恣意的に選択できるので,かなり楽になっています。それなりに強力な悪魔も作れるようになったのが嬉しいです。

 上野での目的は妖獣ピアレイを倒すこと。これで霞ヶ関への道が開かれます。火炎属性に弱いので〈アギ〉や〈アギラオ〉があれば特段の問題はなし。〈ムド〉にさえ気を付けていればいいかと思います。一応,モウリョウの軍勢との連戦になるのでHPだけは注意しておいた方がいいでしょう。また,上野では新たな武器や防具の販売が為されているので装備品も整えておきたいものです。因みに今作では防御力という概念はない模様。耐性及び能力値加算のみといった感じですね。まあ,上野の次に訪れることになる霞ヶ関にでは『真・女神転生STRANGE JOURNEY』でおなじみのデモニカスーツを入手出来るので,それまで待つのも問題なさそうではありますけれども。当面は修道院からの指令である黒きサムライ探索は終わっていないので引き続き荒廃した東京を彷徨う旅路となりそうです。その合間に魔法の遺物を探すクエストも進めておきたいもの。

 東京を支配するのは阿修羅会とガイア教団というふたつの組織である模様。そのうちのガイア教団は築地本願寺を本拠地としています。東京駅から先に進むことは出来ませんが。一方の阿修羅会は少なくとも霞ヶ関を支配下に収めています。ガイア教団との対立という軸で考えるならば,これまでの作品に登場したメシア教,即ちLOWの勢力と位置付けられるのでしょうか。いずれにせよ,この荒廃した東京で織り成される物語にはこのふたつの組織が大きく関わってきそうであります。ワルターやヨナタンとの道もそのうちに分かたれるのでしょうね。やはりイザボーはNEUTRALへ進むことになるのかなあ。

 現在の編成は上述の通り。女神ハトホルや妖魔コッパテングらが主力として頑張っています。妖獣ライジュウは邪鬼グレムリンから進化してくれました。妖魔コッパテングもそのうちに進化しそうですが,多分此方は妖魔カラステングに正統進化してくれるのでしょうね。ピクシー→ハイピクシー→クイーンメイヴという進化も期待したいところであります。やはり綺麗どころの悪魔は嬉しいので優先的に仲魔にしたいもの。例え戦力的には劣っていたとしても拘っていきたい点ですね。

 物語はいよいよ本格的に面白くなってきました。東のミカド国と荒廃した東京の関係や,或いは東京が荒廃するに至った理由など全てが謎のまま。突如悪魔が現れた理由も気になりますし,謎の男スティーヴンの正体が明かされるのかも楽しみ。恐らくは神と悪魔の代理戦争という図式に持ちこまれるのでしょうが。如何に〈女神転生〉らしい絶望的な世界を堪能させてくれるのか期待せざるを得ません。地道にクエストをこなしながら,謎の核心へと近付いていきたいと思います。
posted by 森山樹 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68688230
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック