2013年07月01日

新・世界樹の迷宮 その3

ギルド名:星を狩る者
冒険日数:15日
現在地:第2階層 原始ノ大密林 B6F
リゼル:ハイランダーLv18
ラクーナ:パラディンLv18
サイモン:メディックLv18
アーサー:アルケミストLv18
フレドリカ:ガンナーLv18

 スノードリフトを撃破して,第1階層を突破。第2階層である原始ノ大密林に到達いたしました。此処からは樹海磁軸を使って,フレドリカが眠っていたグラムヘイズの探索も本格的に始まります。宇宙船或いは近代的な研究所を思わせるグラムヘイズの雰囲気は『世界樹の迷宮』を遊んだ身にはなかなか面白いものがあります。プレロールドのキャラクターの名前からしてR.A.ハインライン『夏への扉』を念頭に置いていることはほぼ間違いないよね。主人公の名前はダンにするべきだったかもしれません。世界樹の迷宮の第2階層の原始ノ大密林も如何にも熱帯雨林といった雰囲気が素敵。階層によって様々な顔を見せてくれる迷宮は非常に好みであります。

 第1階層のボスたるスノードリフト戦は手こずったものの意外に楽に勝利することが出来ました。乱入してくるスノーウルフやフォレストウルフを無視してスノードリフトに集中したのが功を奏した形です。炎属性に弱いのでアーサーの〈大爆炎の術式〉とフレドリカの〈フレイムショット〉が主な攻撃手段。リゼルは〈スピアインボルブ〉で炎属性を乗せた攻撃が出来るのも大きい。ラクーナは基本的に壁役。サイモンは〈エリアキュア〉での回復役といった位置づけです。ウルフグローブやロッゲンウォルフなど氷属性軽減の防具も必須と言えるでしょう。準備さえ整えておけば問題なく勝てるはずです。ローザの探索準備で〈アムラアウェイク〉を選択しTP回復効果を得ることで継戦能力の向上を図ることも忘れずに。

 新たに探索範囲が広がったことで獲得出来る素材も増えてきました。これによって装備品を充実させることも可能になります。グリモアを活用することでクラスに関わらずに武器を装備できるのも今作では重要な要素。現在は前衛はリゼルとラクーナ,後衛はサイモン,アーサー,フレドリカという編成にしています。サイモンは銃を,アーサーは弓を装備して,後方からの援護射撃させるのが結構効果的。特にアーサーは術式の燃費が非常に悪いですからね。強化すると消費TPが一気に5→10となるのは厳しいものがあります。物理攻撃に耐性のある敵には属性攻撃をせざるを得ないですしね。〈アムラアウェイク〉で継戦能力を高めながら,術式を温存するというのが今後も続きそうです。

 此処までのところは好印象。新システムのグリモアも意外に楽しいです。とは言え,敵のスキルを活用せねばならない局面と言うのはまだ直面していないのですけれどね。戦術の幅が広がったのは素直に楽しいことではありますけれど。今後はフレドリカの正体に迫りながら,世界樹の迷宮とグラムヘイズとを平行的に探索することになりそう。そこに如何なる物語が待ち受けているのか大いに期待したいと思います。
posted by 森山樹 at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70274481
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック