2013年07月04日

新・世界樹の迷宮 その4

ギルド名:星を狩る者
冒険日数:21日
現在地:第2階層 原始ノ大密林 B8F
リゼル:ハイランダーLv23
ラクーナ:パラディンLv23
サイモン:メディックLv23
アーサー:アルケミストLv23
フレドリカ:ガンナーLv23

 グラムヘイズのAREA1の探索を終えて,再び世界樹の迷宮へ。グラムヘイズの更なる探索を進める為に世界樹の迷宮の第3階層にある樹海磁軸を目指します。現在は執政院ラーダからの命に従って,第2階層B8Fの飛竜の巣から飛竜の卵を奪ってくる作戦行動中。勿論,飛竜に正面から立ち向かっても勝算はないので,隠密行動をしながら飛竜の卵を狙うことになります。マップ攻撃的な飛竜のブレスが厄介なのが問題ですが,このあたりは力押しではなくいける筈なので,有効な手立てを考えたいと思います。幸い第2階層には全回復の神秘の泉があることですしね。

 グラムヘイズAREA1ではフレドリカの正体を確認することは出来ず。ただ,マイクという謎の存在が明らかになりました。フレドリカが取り戻した記憶の一端を頼りに今後はマイクと接触することが当面の目的となりそう。所謂ファンタジィ的な世界樹の迷宮とは異なり,近未来的な研究室或いは宇宙船といった趣のグラムヘイズの内部は結構好みですね。尤も,徘徊する敵は世界樹の迷宮と殆ど変らないのが難点ではありますが。このあたりは独自性を発揮させても良かったのではないかしら。一応,AREAのボス敵がクァールというのがそれらしさを感じさせないでもないのだけれども。

 レベルがそれなりに上がったのでスキルも充実してきました。まあ,プレロールドの為に編成自体は変わらないので,基本的な戦術はほぼ一緒なんですけれどね。サイモンの〈エリアキュア〉が生命線。また,世界樹の迷宮第2階層は状態異常を仕掛けてくる敵が多いので〈リフレッシュ〉も欠かせません。ただ,横一列に効果を持たせようとするとTP消費が20になってしまうのは辛いなあ。同じく第2階層は所謂ダメージ床が頻発するので〈警戒斥候〉も欲しいところ。攻撃は相変わらずアーサーの術式に頼っています。フレドリカの銃攻撃も結構有用ではあるんですけれどね。また,サイモンは武器を銃から杖に変更。壊属性武器がないというのは今後いろいろと不都合が生じそうでありますからね。如何なる弱点の敵にも対応できるようにするというのはやはり鉄則に思えます。

 シリカやサクヤ,ローザといった女性陣も非常に魅力的で嬉しい。特にローザの有能可愛らしさは異常。ついつい,館に立ち寄ってしまいますね。そのローザが仕えるラクーナの酒豪お嬢様ぶりもたまらなく素敵。フレドリカも魅力的なのですが,現段階ではラクーナの方がより好みに感じてしまいますねえ。事あるごとに酒場で乾杯する娘さんというのが非常によろしいです。最初はかなり不安に思えたプレロールドの〈世界樹の迷宮〉ですが,此処までは大変良い方向に機能しています。今後も個性豊かな姿を見せてくれれば嬉しいですね。徐々に厳しい展開に向かうことは予想出来ますけれども。
posted by 森山樹 at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70442746
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック