2013年11月05日

閃の軌跡 その24

第6章 黒と銀〜鋼都動乱〜
プレイ時間:54時間28分
現在地:近郊都市トリスタ
リィン:Lv55

 第6章の自由行動日。旧校舎地下第6層の探索を終えたところです。これから学芸祭の出し物について生徒会長のトワの協力を仰ぐことになります。学園物の定番である学芸祭が物語に絡むというのは素直に嬉しい。ガレリア要塞の一件以来,エレボニア帝国には不穏な雰囲気が漂っているようなので,今後の展開は不透明でありますけれども。実際に学芸祭がきちんと開催されるのかもやや不安が残るところです。後,1〜2章くらいで終わると思うのだけどなあ。事態は悪化の一途を辿っており,解決する見通しが全く立たないのですよね。中途半端なところで本作が終了するのではないかという懸念も感じ始めております。

 今回の特別実習の舞台は現段階では明かされていませんが,鋼都ルーレであることはほぼ確定。アリサの故郷ということになるのでしょう。章題の「黒と銀」はやや気になるところです。まさか『零の軌跡』『碧の軌跡』で印象深い立ち位置であった黒月と銀を指しているとも思えないのですけれども。単純に工業都市という意味合いなのかもしれません。なお,第6章の冒頭でのオリヴァルト皇子,カール・レーグニッツ,イリーナ・ラインフォルト,ルーファス・アルバレアによるトールズ士官学院理事会議はなかなか興味深いものがありました。三者三様の立ち位置が面白い。特に一見開明的に思えたルーファス・アルバレアがその実はかなり強固な保守的貴族派ということが気がかりです。いずれは敵に回るべき存在なのかもしれません。その時にユーシスが如何なる決断を下すのかも興味深い。そして,オリヴァルト皇子の護衛としてミュラー・ヴァンダールも漸く姿を見せてくれました。オリヴァルト皇子との息の合った掛け合いが楽しい。もうちょっと出番が多いと嬉しいのだけどなあ。

 ガレリア要塞での戦いを終えて現在は一休止といった状態。但し,クロスベルの独立宣言など帝国を取り巻く環境は日増しに悪化しております。この中でトールズ士官学院の≪VII組≫に如何なる運命が待ち構えているのか不安を持たざるを得ません。最後には必ず大団円を迎えると信じたいところではありますけれども。リィンの中にある獣じみた強力な力もまだ謎のまま。黒猫セリーヌとエマにもやや不穏なものを感じますし,帝国解放戦線を指導する≪C≫の正体が本当に自分の予想するあの人物で合っているのかも気になるところ。何はともあれ,物語は大詰めの筈。如何なる帰結を見るのか楽しみであります。
タグ:閃の軌跡
posted by 森山樹 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/79991492
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック