2014年06月09日

ペルソナQ その2

プレイ時間:10時間37分
現在地:不思議の国のアナタ 最終章
森山 樹(主人公):Lv13(節制カイチ)
花村 陽介:Lv9(皇帝オベロン)
里中 千枝:Lv10(恋愛アルプ)
天城 雪子:Lv11(星サラスヴァティ)
巽 完二:Lv9(戦車ナタタイシ)
白鐘 直斗:Lv11(正義エンジェル)
クマ:Lv9(女帝ヤクシニー)
善と玲:Lv13
久慈川りせ:Lv13(魔術師オロバス)

 「不思議の国のアナタ」最終章に到達。この迷宮のボス戦を控えて,戦力強化に勤しんでおります。まあ,ボス戦が厳しいのは分かり切っているので,先ずは様子見で戦うほうがいいのでありましょう。但し,此方も〈メディア〉や〈マハラギ〉,〈マハブフ〉,〈マハガル〉などを覚えて戦闘は一気に楽になってきました。相手の弱点を突いて,ブースト状態を如何に保つかが今作の戦闘の一番の鍵でありますね。SP消費が結構激しいだけにブースト状態でのSP消費なしはかなり大きいものがあります。

 編成は相変わらず善&玲を固定で後は適当にバランスよく。結果的に千枝や雪子,直斗といった女性陣を優先的に起用するのは仕方がないことでありましょう。なお,シナリオ面は編成に左右されずにイベントが起きるというのは有難いです。「不思議の国のアナタ」を突破したら,いよいよ『ペルソナ3』の面々と合流ということになるのかな。早く『ペルソナ3』と『ペルソナ4』の仲間たちによる掛け合いが見たいものであります。勿論,マーガレット姉さんとエリザベスやテオドア,マリーとの会話もね。

 ペルソナもそれなりに強力なものが増えてきました。特に今作では支援役のりせのスキルを存分に活用できるのが楽しい。女教皇アメノウズメの〈治癒の法力〉はSP消費なしで全体回復出来るスキルなので重宝しています。弱点を補いながら,強力なスキルを確保するというのは従来どおり。このペルソナの合体と成長こそが迷宮探索の難易度を左右する要素であることは間違いありません。拘れば幾らでも時間がかかりそうだよね。また,唯一ペルソナを付けられない善&玲はその代わりに便利なスキルを幾つも覚えるのが素敵。玲の可愛らしさもあって,すっかり主力として位置付けています。

 とりあえずは「不思議の国のアナタ」をなるべく早く突破したいもの。新たな舞台での新たな冒険を心待ちにしています。『ペルソナ3』の仲間たちが如何に物語に関わっていくのかも楽しみでなりません。早くアイギスや美鶴さん,ゆかりらとの冒険を楽しみたいものであります。支援役はりせと風花で悩むことになるのでしょうね。それもまた贅沢な悩みだと思います。
タグ:ペルソナQ
posted by 森山樹 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/99367333
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック