2013年04月07日

2013年3月ゲーム記録

2013年3月に購入したゲームは以下の通り。
・メルルのアトリエPlus
・朧村正

『ドラゴンクエストVII』と『メルルのアトリエPlus』を中心に遊んでいました。
『閃乱カグラSHINOVI VERSUS』も結構プレイしたけどね。
『ドラゴンクエストVII』は本篇をクリアしたところまで。
所謂,隠しボス戦直前で遊ぶのを休止しています。
物語が特にあるわけでもないから意欲が湧かないのですよね。
改めて遊んだ本篇は思った以上に楽しめました。
転職の仕様変更はもうちょっとやりようがあった気がしないでもないですが。
最後のキーファからの手紙はやっぱり反則級に心に来ます。
『メルルのアトリエPlus』は未だにプレイ中。
如何にも〈アトリエ〉シリーズらしくのんびり楽しむことが出来ます。
登場人物がみな魅力的というのも素晴らしい。
個人的にはエスティさんが一押しだけどね。
『閃乱カグラSHINOVI VERSUS』は3DS版よりも好みかなあ。
特に新規キャラが好みなのが大きいです。
具体的には両備,忌夢,夜桜,雪泉あたり。
まだクリアしていないので,その内に再開したいところ。
『朧村正』は手つかずですが,此方も遊びたいと思っています。

夏に発売のゲーム情報がいろいろと出てきた一か月。
『新世界樹の迷宮』はキャラ固定というのが興味深い。
いい方向に出て欲しいなあと思います。
いずれにせよ購入することにはなると思うのだけど。
『デビルサバイバー2ブレイクコード』にも期待。
新たに追加されるシナリオ次第ということも言えるけれどね。
あの結末から如何なる物語が紡がれるのか楽しみです。
アル・サダクの再登場はあるのかなあ。
以前から発売だけが予告されていた『ドラゴンズクラウン』の発売日も決定。
それに伴う新規情報もいろいろと出てきました。
かなり心躍る雰囲気が漂っています。
『朧村正』を遊びながら心待ちにしたいところ。
『閃の軌跡』もかなり良さそうな雰囲気だよね。
『空の軌跡』や『蒼の軌跡』もPS VITAに移植して欲しいなあ。

posted by 森山樹 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム記録

2013年05月04日

2013年4月ゲーム記録

2013年4月に購入したゲームは以下の通り。
・セブンスドラゴン2020-II
・フォトカノKiss
・迷宮クロスブラッド インフィニティ

月の前半は『メルルのアトリエPlus』に没頭していました。
とりあえず,幾つかのエンディングを鑑賞出来て満足。
いずれまた遊ぶ機会もありましょう。
『アーシャのアトリエ』も遊びたいけれど,PS3は持っていないのよね。
此方もPS VITAに移植して欲しいものであります。
その前に『ロロナのアトリエPlus』の発表を待ちますけれども。
後半は『セブンスドラゴン2020-II』と『フォトカノKiss』が中心。
『迷宮クロスブラッド インフィニティ』は遊べていません。
『セブンスドラゴン2020-II』は正統的な続篇作品。
システム的にも目立った改変がなく,物語も継続しています。
まだ中盤あたりですが,此処までのところは好印象。
地道に進めて行きたいと思っています。
『フォトカノKiss』は追加要素のある移植作品。
というよりも,此処まで来ると完全版と言っても差し支えないでしょう。
PSP版の不満要素が一掃され,非常に遊び易くなっています。
追加された後日談「ラブラブデイズ」も素直に楽しい。
暫くは熱中して遊んでしまいそうな気配が漂っています。
少なくとも室戸先輩とののか,深角さんとの物語は最後まで見ないとなあ。

新作関係の話題では特に目立ったものはなかったかなあ。
『デビルサバイバー2ブレイクコード』と『新世界樹の迷宮』の発売日は決まりましたが。
夏場以降の新作は現状ではかなり手薄になりそうな感じです。
それはそれで寂しいのだけどなあ。
『閃の軌跡』への期待だけが高まってしまいます。
『ゴッドイーター2』もなかなか発売日が決まらないですしね。
それよりなにより今月はいよいよ『真・女神転生IV』が発売となります。
大好きなシリーズだけに大いに楽しみにしたいもの。
これまでとは異なる世界観にやや不安も覚えてしまいますけれども。
『真・女神転生』『真・女神転生II』の世界観を継承した作品も遊びたいなあ。
しかし,最近はアトラス系のRPGばかりが楽しみなのは気の所為か。
他のメーカーにも頑張って欲しいところであります。
posted by 森山樹 at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム記録

2013年06月02日

2013年5月ゲーム記録

2013年5月に購入したゲームは以下の通り。
・カラドリウス
・サモンナイト3
・真・女神転生IV

『セブンスドラゴン2020-II』と『真・女神転生IV』に没頭の一か月。
結局『セブンスドラゴン2020-II』はクリアできていないんだけどね。
システム的にも物語的にも前作を踏襲しています。
それはそれで安定しているのだけど,もう少し意外性が欲しいところ。
まあ,最終局面での大逆転劇という期待もないではないのですけれども。
充分に面白い作品ですので,いずれ再開しようと思います。
現在優先的にプレイ中の『真・女神転生IV』は非常に楽しい。
当初は異様な難易度の高さに戸惑いましたが,慣れてくると問題はなし。
悪魔合体による魔法継承が便利すぎて逆に難易度は下がっているように思えます。
東のミカド国と荒廃した東京というふたつの世界の対比も興味深い。
物語はまだまだ核心に至ってはいません。
今後如何なる展開が紡がれるのか大いに期待したいところです。
『カラドリウス』や『サモンナイト3』も遊びたいんだけどなあ。
特に久々に購入したSTG『カラドリウス』は何とかプレイする時間を作りたいものです。
お仕事がもう少し余裕できるようになるといいんだけどね。

ゲーム業界的なニュースではやはりXbox ONEの発表が大きかったかなあ。
これで年末にはWii UとPS4,Xbox ONEが揃い踏みすることになります。
どれを購入するかは結局のところゲーム次第なんだけどね。
据置機自体を最近使っていないこともありますけれども。
携帯機の手軽さという利点を上回る特長を見せて欲しいものです。
とりあえずはPS4ともどもこれからの発表に注目しようと思っています。
後は『デビルサバイバー2ブレイクレコード』が秋口に延期になりました。
まあ,此方は新規追加ありの移植作品なので,それ程問題はないかなあ。
『閃の軌跡』は9月末に発売日が決定。
『零の軌跡』『碧の軌跡』と遊び続けているので非常に期待は大きいです。
他の新作はいまいち食指が伸びないかなあ。
『MIND≒0』がどうかなあというところではありますけれども。
posted by 森山樹 at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム記録

2013年07月07日

2013年6月ゲーム記録

2013年6月に購入したゲームは以下の通り。
・新・世界樹の迷宮

『真・女神転生IV』と『新・世界樹の迷宮』に没頭していた1か月。
月末の『ドラゴンズ・クラウン』と合わせてアトラス製ゲームが続きます。
だからこそ,インデックス社の不祥事は非常に悲しいものがあります。
アトラスというブランドを汚さないで欲しいものです。
『真・女神転生IV』はLAWルートをクリア。
如何にも〈女神転生〉らしい展開が非常に楽しめました。
LAWルートの結末そのものは自らの本意とは懸け離れていますけれどね。
余力があればCHAOSルートとNEUTRALルートにも挑みたいものです。
『新・世界樹の迷宮』は現在遊んでいます。
『世界樹の迷宮』を基盤とした新たな物語が実に楽しい。
登場人物に魅力があるのが非常によろしいです。
特に声優が付いたシリカさんの破壊力はかなりのもの。
此方は7月も順調に遊ぶことになりそうです。

個人的な出来事としてはXbox360がレッドリングを発症してしまいました。
これで現役世代の据置機が全くなくなってしまったのが痛い。
ゲーム資産を活用する為に新しくXbox360を買い直すか思案中。
或いはいっそのことPS3に乗り換えるというのも悪くはないんだけどなあ。
Xbox ONEもPS4も前世代機のゲームに互換性がないのは残念ですね。
まあ,技術的なことを考えると仕方がない部分はあるのでしょうけれども。
新作の話題では『ファイナルファンタジーXV』が漸く来ましたね。
相変わらずの美麗なCGは非常に魅力的であります。
問題はゲームとしてどうかというところなのも変わりませんが。
9月発売予定のガストの新作『クロノス・マテリア』は興味をひかれています。
問題は『閃の軌跡』と同じ発売日ってことだよなあ。
敢えてぶつけてくる必要はないのに。
何気に『エルミナージュ・ゴシック3DS Remix』が8月発売に決定していますね。
購入するかどうかは悩ましいところだけれども。
『エルミナージュ2』の方向性で新作を作ってくれることを望んでいます。
posted by 森山樹 at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム記録

2013年07月20日

2013年上半期回顧録

上半期に購入したゲームは全部で12本。
その内で一応のクリアまで漕ぎ着けたのは5本かなあ。
『デモンゲイズ』や『セブンスドラゴン2020-II』は途中で置いてあります。
面白いのは面白いのだけどなあ。
『迷宮クロスブラッド∞』や『朧村正』は購入後積んだままの状態。
時間のかかるRPGを主体に遊んでいるので手が回っていません。
このあたりは大いなる反省材料とせねばなりません。

上半期に特筆するべき作品はやはり『真・女神転生IV』かなあ。
ナンバリングタイトルに相応しい作品であったように思います。
システム面での充実も高く評価したいところ。
序盤が一番難しいという難易度はどうかと思うのだけれども。
『フォトカノkiss』や『メルルのアトリエPlus』は強化移植版。
どちらも元々もゲームの完成度が高いので移植版も問題なく楽しめました。
特に『フォトカノkiss』はPS VITAへの移植で不満面が一掃されたのは大きい。
『閃乱カグラSHINOVI VERSUS』も楽しかったです。
新規加入のキャラクターに自分好みのものが多かったのも嬉しい。
現在遊んでいる『新・世界樹の迷宮』もかなり良いです。
その意味では充実したゲーム生活が送れていると言ってもいいのかな。

下半期はいよいよPS4とXbox ONEが満を持して登場。
新たな据置機の投入でゲーム界が活性化するのを期待したいもの。
Xbox360が故障したので買い替えも検討しないといけません。
新作では『閃の軌跡』が非常に楽しみ。
苦手のアクションゲームですが『GOD EATER2』も購入予定です。
積んでいるゲームも徐々に遊んで行きたいもの。
先ずは『ドラゴンズ・クラウン』を遊ぶことにはなるのでしょうけれども。
自分好みのゲームが多く発表されることを期待したいと思います。
posted by 森山樹 at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム記録