2007年05月27日

FFXIIRW その11

 クリアしました! プレイ時間は20時間強。
 最終的にミッションクリア率は93%。召喚獣バハムートとゾディアーク確保のミッションが残っていますが,それを達成しても95〜96%くらいかな。期間限定で発生するミッションを幾つか逃していたらしいのが口惜しい。
 幾つか腑に落ちない点はありますが,FFXIIの後日談としてはそれなりに面白かったかな,と。結局,イヴァリースにおける最大の悪はオキューリアなる存在じゃないのかしら。イヴァリースを舞台にしたゲームは他にもあるけど,どういう風に扱われているんでしょうか。
 システム面では結局最後まで戦力集中させて各個撃破で問題なし。ベースクリスタルを守る戦いでは戦力を分散させる必要がありましたが,それ以外では特にそんな配慮は要らないはず。戦闘で苦労したらフリーバトルでレベルを上げれば,結構楽に進むことが出来ます。困ったときのミストナックはFFXIIに引き続いて有効。使えないものも多かったけれどもね。最後までヴァンとバルフレアのヤツしか使わなかったし。
 ところで,あんまりよくは覚えていないんだけど,FFXII本編でヴァンのパンネロへの想いって描写されていたんだっけ? パンネロ→ヴァンは何となく覚えがあるんだけど。これが結構重要な要素で面食らいました。そして,未だにバルフレアをちらちらと見るアーシェ様が可愛い。FFXII本編ラストでの「バルフレア!」の叫びはやっぱりそういうことだったんでしょうね。それから,ラーサーとポーションのエピソードは笑いました。このあたりはFFXIIでの設定を上手く生かしていたんじゃないでしょうか。

 ま,面白かったです。序盤では相当不安を感じていましたが,終わってしまえば結構満足。賛否両論あるゲームだと思いますが,素直に楽しみことが出来ました。ただ,FFXIIの番外編はFFXIIと同じシステムで作って欲しかったなというのも本音のところ。あれだけ完成度の高いシステムなんだから,一作で捨ててしまうのはあまりにも勿体なさすぎます。
posted by 森山樹 at 07:14| Comment(2) | TrackBack(0) | FFXIIRW