2007年06月30日

オーディンスフィア その6

 グウェンドリン最終章5幕。
 死の国の女王オデットに苦しんでいます。ここまではそんなにストレスなく進めることが出来ていたのですが,この戦闘だけは非常に不満。オデットの強さ云々よりも処理落ちが酷すぎて,まともに行動することが出来ません。この手のアクションRPGにおいては致命的だと思います。なんとかならないものかなあ。このゲームで初めて完全にやる気を削がれてしまいました。見た目の派手さとかに捕らわれず,こういったプレイアビリティをもっと高めて欲しいです。グウェンドリン編の最終ボスだから難易度を高めたいのは分かるんだけど,無尽蔵に雑魚を召喚してくるってのは無駄でしかない。難易度を上げるというよりも処理落ちの誘発が狙いなんじゃないかと邪推したくなります。これくらいのことはテストプレイをすれば,簡単に分かることでしょう。他の部分はいいのに,こういう点で評価を大きく下げざるを得ないというのが悲しいです。本当になんとかならんものか。
 オデットさえ倒せば,次の物語に進めるだけに何とか頑張ってみようとは思いますが,その前に心が挫けてしまいそうです。
posted by 森山樹 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディンスフィア