2007年11月24日

ドラゴンクエストIV その1

 序章〜第一章〜第二章開始まで

 FC版,PS版と遊んでいるわけですが,結局DS版も発売日に買ってしまいました。DQシリーズの中ではそれほど好きな作品ではないのですが,やっぱり思い出のゲームではあります。第四章の音楽は全般的にすごく好きだし。
 というわけで,序章から始まって,現在は第二章の冒頭部分まで進めました。第一章は主人公ライアンが気の毒になる程,物語が薄いです。他の章に比べて,異様にシナリオがあっさりしています。導入で操作に慣れてもらうという意図もあったのかなあ。それでも,もう少しくらいイベントがあってもいいのに。まあ,ホイミンがいれば,それでいいんですが。
 グラフィックは非常に綺麗。ただ,どこか『RPGツクール』で作られた作品みたいな違和感があります。なんでだろう。音楽は相変わらずいいですね。久々に遊ぶのに結構BGMを覚えているあたり,やはり印象的だったのだろうなあ,と。ゲームとしてのバランスは少し手が加えられているように思います。敵がお金を落す量が多いので,装備を楽に揃えることができますね。あと,第一章からふくろが使えるのも変更点かしら。
 第二章はアリーナとクリフト,ブライの三人が登場します。これはそれなりにイベントが多い章だったはず。追憶に浸りながら,ゆっくりと楽しもうと思います。
posted by 森山樹 at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンクエスト

2007年11月25日

ドラゴンクエストIV その2

 第二章終了まで

 第一章に比べるとバラエティにあふれた展開が楽しい。アリーナ,クリフト,ブライの三人による個性に満ちた会話も楽しいです。ゲームを進める上ではまったく必要がないんだけど,こういうのはいいよね。何より記憶力の衰えた大人にはこれから先の目的地を教えてくれるのが非常にありがたい。
 FC版,PS版を通じて散々苦労させられた,さえずりの塔のドラゴンバタフライ×4に今回も全滅を食らいました。その後,復讐を果たすべくうろついても今度は出やがらねえ。超ムカつく。武闘大会ではいいところでアリーナが会心の一撃を連発してくれたので楽に勝ち上がり,最後のベロリンマン戦も苦戦することはありませんでした。ちなみに本物のベロリンマンの推移はD→A→C→B→Dで,一回りしたので次はDと予測したのが見事にはまったのが嬉しい。そして,イベントに従ってサントハイムへ戻ったところで,第二章は幕。引き続き第三章のトルネコ編を楽しみます。
 過去のFC版とかPS版に比べてモンスターが大量に登場する気がするのは気のせいかな。いたずらもぐら×7とかさそりアーマー×5とかドラゴンバタフライ×4とか死霊の騎士×4とか平気で出やがりますよ。そのかわり実入りも大きいのですけれど。まあ,ブライがヒャダルコを覚えれば楽勝です。
posted by 森山樹 at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンクエスト

ドラゴンクエストIV その3

 第五章途中
 エンドールでミネアとマーニャと合流したところ。

 第三章の武器屋トルネコ編はそれほど苦労することもなく終了。基本的に金稼ぎに終始出来るので楽です。定石通りエンドールの防具をボンモールで高値で転売してから銀の女神像⇒エンドール王の依頼で任務達成。破邪の剣を入手しそこなったのは残念だけど。
 第四章もそれほど問題はなし。相変わらず,戦闘時の音楽は素敵。全ドラクエ中でも印象深い音楽のひとつです。ミネアとマーニャの姉妹も好きなんだよね。ジプシーとかロマとか流浪の民に憧れる気質なので。モンバーバラ〜コーミズ〜ハバリア〜アッテムト〜キングレオと渡り歩いて,この章は終了。バルザック戦で静寂の玉を使うのを忘れていて,一度全滅を食らったくらいで他にはさして苦労をしませんでした。そして,やっぱりキングレオの造形は好き。
 第五章はいきなり主人公の村が全滅。ありがちなOPではあるけれど,ドラクエでは結構珍しいタイプ。特にシンシアの死は欝な展開に拍車をかけます。ただ,後でわかるけれどデスピサロにも相応の事情があるんだよなあ。なかなかシビアな展開ではあります。とまれ,序盤は苦戦するもののエンドールでミネアとマーニャと合流すれば,後は楽勝。とはいえ,勇者のレベルも装備も低すぎるので,このあたりを充実させてから物語を進める予定です。
posted by 森山樹 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンクエスト

2007年11月27日

ドラゴンクエストIV その4

 第五章序盤。
 アネイル〜港町コナンベリー

 裏切りの洞窟の探索後,馬車を手に入れて,砂漠を渡って南へ。天空の鎧の伝説が残る地アネイルを通過して,港町コナンベリーにたどり着いたところです。今日のプレイ時間は1時間程度。携帯機で長時間遊ぶのは目が疲れます。仕事がある日はこれくらいが限界だなあ。
 勇者ステラ(ドラクエ遊ぶ時は常にこの名前です)がLv13,この段階で手に入れることのできる最高の装備で身を固めていることもあって,戦闘自体は楽勝。うざいときはマーニャのベギラマで敵を一掃できます。ただ,ここから先は確か結構敵が強くなってくるはず。特に船を手に入れるために攻略すべき大灯台では久々のボス敵が待ち受けているので,ある程度の戦力を強化しておきたいところではあります。これをクリアすれば武器屋トルネコが仲間に入るんだったかな。
 全般的にバランスはやはりぬるめですね。経験値とお金も入りやすいので,遊ぶ時間の限られる社会人にとっては少しありがたいです。今のところ,それほどレベル上げの必要も感じません。案外,メタルスライムも容易に狩ることができるしね。
posted by 森山樹 at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンクエスト

2007年11月30日

ドラゴンクエストIV その5

 第五章。
 船を入手,アリーナ一行を仲間に加え,一路キングレオ城へ。

 コナンベリー東の大灯台で魔物を倒して無事に船を獲得。これで自由に冒険ができるようになります。また,武器屋トルネコもこの時点で仲間入り。そこそこ強いので重宝しています。続いてミントス〜ソレッタへ。ミントスでホフマンと別れましたが,イベントを経てアリーナ,クリフト,ブライと冒険をともにすることに。そして,最後の導かれしもの戦士ライアンが西のキングレオ城へ向かったという情報を得て,ミネアとマーニャの故郷に戻ることになりました。
 現在のLvは14〜17。勇者ステラ,アリーナ,ミネア,マーニャというのが基本パーティです。主人公以外はみんな女性なので一見ハーレムだけど,ドラクエIIIでいうところの勇者・武闘家・僧侶・魔法使いのバランスのとれたパーティなんですよね。戦士ライアンが加入したからといって,アリーナと交代させるわけでもないんですけど。ちなみに自分はミネアが好みです。
 ベギラマ,ヒャダルコ,ベホイミといった中級の呪文も覚え始めたので冒険は相当楽になっています。AIに任せるとMPの消費が激しいので,ダンジョン探索時はAIを外しています。ミネアがやたらとルカニを使ったり,マーニャがラリホー連発するのが困りもの。もう少し臨機応変に対応してくれれば嬉しいんだけど,それはAIには酷なことなのかしらね。
posted by 森山樹 at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンクエスト