2007年12月03日

ドラゴンクエストIV その6

 世界樹の根本のエルフの里。

 船を入手後は世界中を航海して,さまざまな場所へ。とりあえず,天空の塔を登る為に必要な伝説の武具のうち残すは天空の剣のみ。アッテムトで復活した魔王エスタークを撃破して,気球を手にいれました。これで世界樹のもとへたどり着くことができます。
 デスピサロとロザリーとの哀しいイベントも済ませました。このイベントがあるが故にデスピサロを心から憎むことができません。だからこそ,PS版以降ではシナリオの追加がされたのでしょう。ドラクエIVはともに愛する者を奪われた二人の男の戦いと見ることも出来るんですよね。追加シナリオによって救われたデスピサロはともかくとして,故郷とシンシアとを奪われた勇者はある意味でドラクエ史上でも最も不幸な主人公なのかもしれません。Vも相当悲惨だけど,最後はめでたしめでたしという感じなんだよなあ。
 現在のLvは30〜37。王家の谷ではぐれメタルを,ゴットサイド周辺でメタルキングを狩っていたら結構Lvがあがってしまいました。全体的にメタル系の敵が逃げにくくなっているので,倒せる確率が非常に高まっているように思います。はぐれメタルの剣や毒針,キラーピアス,魔人のかなづちあたりが有効です。それからメタルキング戦で会心の一撃を連発してくれるアリーナが本当に頼もしい。称号がハーレムナイトになったとしても,ステラ,アリーナ,ミネア,マーニャのパーティが一番楽です。エスターク戦でもミネアのフバーハが大活躍してくれましたし。
 とりあえず世界樹に登っていくつもり。その次は天空の塔ということになるのでしょうか。物語も終盤に差し掛かっているように思います。やっぱり,面白いです,このゲーム。
posted by 森山樹 at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンクエスト

2007年12月04日

ドラゴンクエストIV その7

 希望の祠からデスキャッスルへ

 世界樹で天空の剣を入手してから天空の塔へ。この辺りは全然ボス戦がないので,MPを気にせず戦えるのが嬉しいところ。最近のRPGみたく各ダンジョンの必ずボスが待ち構えているということはありません。天空の塔を登り終えるとそこは天空城。マスタードラゴンと面会すると魔界への道が開けます。魔界にそびえるデスキャッスルに挑むにはまず魔界の4箇所に設置された結界の祠を守るデスピサロの手下を倒さねばなりません。というわけで,アンドレアル⇒エビルプリースト⇒ギガデーモン⇒ヘルバトラーの順で撃破。Lvが軒並み37〜38ということもあって,そんなに苦戦はしていません。クリフトがいないので全体回復はステラのベホマズン頼り。賢者の石はどこにあったんだっけな。
 とりあえず,ラストダンジョンの一歩手前の段階です。一応,この時点での最強装備に身を固めてはいるので戦闘自体はそれほど苦労はしていません。とは言っても,大魔道のイオナズン連発には閉口気味だけど。相変わらずアリーナの会心の一撃連発は心強い限り。ブライのバイキルトやクリフトのスクルトが使えないのは苦しいですが,ミネアのバギクロスやマーニャのメラゾーマあたりの強力な呪文が攻撃の要となっています。
 まずはデスピサロを倒してエンディングを迎えることを目標にします。第6章もPS版とは少し違っているみたいなので楽しみ。せっかく仲間に入ったルーシアとかドランを使う局面があまりないのは残念です。この辺りはイベント追加してもよかったんじゃないかしら。
posted by 森山樹 at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンクエスト

2007年12月09日

ドラゴンクエストIV その8

 第6章クリアしました。

 というわけで,無事にハッピーエンドまで見ることができました。エンディングでの気球を眺めるピサロとロザリーの姿は万巻胸に迫るものがあります。そして失われた故郷でのシンシアの復活も嬉しい。これは幻なのかなとも思っていましたが,世界樹の花の奇蹟でロザリーが蘇ったのと同じ演出なので,シンシアもまた新たな命を与えられたのだと信じたいところです。だからこそ,“ハッピーエンド”なのだと思います。
 クリフトのスクルト,ミネアのフバーハを駆使してデスピサロを倒した後は第6章に突入して,いわゆる裏ダンジョンへ。PS版とは異なり完全にオリジナルのダンジョンとなっています。ただし登場してくる魔物はドラクエ7からのもの。一度だけ遭遇することができたプラチナキングを逃したのが残念の極みです。さすがに裏ダンジョンということもあって強力な魔物ばかりではありますが,中途に宿屋や教会がある親切設計。この辺り何の説明もなかったけれど,それがまた雰囲気を出していていいです。語られない魅力といった感じ。ダンジョン深奥ではエッグラとチキーラと名乗る謎の二人組と戦うことに。ここでもクリフトのスクルト,ミネアのマーニャが大活躍します。ブライのバイキルト,マーニャのルカニも織り交ぜながら,余力を残して勝利。そして,世界樹の花入手⇒ロザリー復活⇒ピサロが仲間入りと一連のイベントが続きます。あとはデスパレスでエビルプリーストを倒すだけなのですが,その前にピサロの装備を整えるべく再びエッグラとチキーラと戦うことに。彼らとは戦うたびに魔界の楯,魔界の鎧,魔界の剣を手に入れることができます。これは非常に強力なのであるのとないのとではラスボス戦の難易度が変わってくるんですよね。ついでに天空への塔でメタルキング狩りを敢行。結局,クリア時のレベルは勇者ステラが54になっていました。主力のアリーナ,ミネアも50台で残りは40台半ばくらい。最終戦はステラ,ピサロ,アリーナ,ミネアで挑みました。ピサロのバイキルトで攻撃力を高めての白兵戦が中心。ミネアはフバーハをかけた後は賢者の石とベホマで回復に専念させています。最後はステラの会心の一撃で決着しました。
 久々に遊んだドラクエIVでしたが,十分に楽しませてもらいました。プレイ時間は第6章クリアまでが31時間程度。メタルキング狩りやカジノで粘っていた時間も相当あるので,概ね20時間強でクリアできるんじゃないでしょうか。最近の大作RPGと比べても短い時間で劇的な冒険が楽しめる作品だったように思います。満足満足。
 次は来春予定のドラクエVになるのかな。それよりもドラクエVIかあるいは新作のドラクエIXに期待したいところではありますが。
posted by 森山樹 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンクエスト

2008年07月18日

ドラゴンクエストV その1

 現在地:サンタローズ
 Lv ステラ:3
 プレイ時間:0.5時間

 せっかく購入したのでOPでも見ようかなと開始。基本的にはペルソナ4を中心にドラクエVはその合間に遊ぼうと思っています。ちなみに今回も主人公の名前はステラ。ドラクエを遊ぶときは必ずこの名前です。
 OPイベントから早速変更点あり。DS版の追加要素として従前から話題となっていた,いわゆる新たな選択肢に関するイベントが追加されています。具体的にはビスタ港で幼少時のフローラと出会う場面でルドマンの娘デボラも姿を見せているんですよね。お淑やかで優しいフローラとは異なり,高慢で高飛車な女の子の様子。いわゆるツンデレ系の女性という形になるのでしょうか。これからの展開に期待。やっぱり,デボラもフローラ同様にルドマンの養女なのでしょうか。そして彼女のとの子供はやはり髪の毛が黒くなるのかな。個人的にはマリアやベラとの選択肢が欲しかったということは内緒です。
 現在はサンタローズの街にある洞窟を探索中。フィールドではVIIIからの追加モンスターのプリズニャンを見かけたけど,洞窟の中のモンスターは基本的にSFC版やPS2版とは変わらない模様。プリズニャン以外にも追加されたモンスターはいるんでしょうか。システムそのものもDS版のIVと変わっていません。基本的に完成度の高いシステムだから問題はなし。グラフィックも非常に綺麗です。ま,三代に及ぶ壮大な物語なので,ぼちぼちと進めたいと思います。
posted by 森山樹 at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンクエスト

2008年07月29日

ドラゴンクエストV その2

現在地:アルカパ
Lv ステラ:7
プレイ時間:2時間弱

 久々にプレイ。といっても,殆ど進んでいません。現在はビアンカとともに幽霊退治をすべく,レヌール城へと向かっています。このあたり幼き日の秘密の冒険といった雰囲気で非常に好み。お金をためて購入したブーメランが猛威を振っています。攻撃力もそれなりにあり,尚且つ全体攻撃が可能というのは卑怯すぎます。というわけで,サンタローズ付近で少し強めの敵を倒して,装備の充実に余念がありません。そろそろレヌール城に突入してもいい頃合いかもね。
posted by 森山樹 at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンクエスト