2009年05月25日

ペルソナ その7

進行状況:アヴィデア界
主人公:53 マキ:53 なんじょうくん:46 マーク:47 エリー:49

 迷いの森〜アラヤ岩戸を経て,いよいよパンドラの巣食うアヴィデア界へ挑みます。デヴァ・ユガの余りの長さに辟易した所為か,迷いの森やアラヤ岩戸は案外あっさりクリアできたのが嬉しい。ただし,主人公とマキのみでの探索を余儀なくされたアラヤ岩戸では戦闘が相当苦労しました。通常ならば,こういう制限つきの迷宮って何らかの配慮が為されるのですが,そこはかつてのアトラス作品らしく全く考慮されていません。御蔭でこれまで以上に緊張感のある戦闘を強いられました。会話でペルソナカードを入手できた悪魔とは戦わなくても済むのがせめてものといった感じ。
 アヴィデア界には聖エルミン学園の図書館から潜入します。陽介や千里に見送られての出陣が最後の戦いに挑むに相応しく思えます。ただ,資金が有り余っているにも関わらず,武装強化が出来ないのが難点。これから強力な武器を手に入れるにはMAXに達したペルソナを帰還させる他ありません。狙いはタケミカズチから生まれる布都御霊とオーディンから生じるハディングの弓,それにヤタガラスからの天之叢雲あたりでしょうか。また,アラヤ岩戸で専用ペルソナ用の封神具を貰ったもののレベルが遥かに足りないために使えないのが何とも。クリアまでにレベルが到達すればいいのだけど。
posted by 森山樹 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ペルソナ

2009年06月03日

ペルソナ その8

進行状況:御影遺跡
主人公:55 マキ:56 なんじょうくん:50 マーク:50 エリー:51

 パンドラとの最終決戦を前にして,現在は戦力強化中。せめて最終戦闘は各人の専用ペルソナで戦いたいものです。主戦場は地下4階〜6階。下層に行けば行くほど,強力な悪魔が姿を見せて,強烈な攻撃を仕掛けてくれます。特にここにきて呪殺や破魔系魔法の凶悪さを再確認。毎ターン大幅に体力を削られるのが痛すぎます。勿論,こちらとしても有効な攻撃手段のひとつではあるのですが。
 現在のペルソナは主人公がバール,マキがウシャス,なんじょうくんがモーリアン,マークがセイテンタイセイ,エリーがロキといったところ。専用ペルソナを降ろすには概ねレベルが59〜62は必要なので,まだまだ先は長そうです。レベル99が必要なルシファーなんて,まるで手が届きません。レベル79のサタンとかレベル80のイルダーナくらいだったら頑張って何とかならないかな。
 しかし,やっぱり敵との遭遇率が高過ぎます。戦闘が結構重いだけに,長時間遊ぶとかなり疲れてしまいますね。このあたり,あまり改善が見られないのが残念なところ。そして,既に値崩れが始まっているのが定価で買った物としては悔しいです。基本的にはいいゲームなんですけどね。単に痒い所に手が届いていないだけで。
posted by 森山樹 at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ペルソナ

2009年06月10日

ペルソナ その9

進行状況:アヴィデア界
主人公:59 マキ:61 なんじょうくん:52 マーク:53 エリー:55

 戦力強化がてらアヴィデア界を探索中。迷宮を徘徊している間は全くイベントがない為に,無味乾燥で単調なプレイになりがちですね。このあたりは迷宮徘徊そのものがある程度面白い,昨今のペルソナシリーズとは異なるところ。ただ只管に専用ペルソナを降魔すべく戦いに勤しんでおります。とりあえず,マキだけは既に専用ペルソナであるPRIESTESSヴェルザンディを降ろせるレベルには到達しました。一番大変なのは後8レベル上げないといけないなんじょうくんです。経験値が平等配分ではない為,意識的になんじょうくんに強力な魔法で攻撃させるのが一番手っ取り早いかな。専用ペルソナ以外ではアールマティやスザク,サキュバス,ヴァルナあたりはそろそろレベル的に使えます。当面はこのあたりを使っていくのもひとつの手ですね。
 しかし,このあたりまで来ると敵の攻撃が苛烈そのもの。特にコウハやエイハ,ムドなど継続的にダメージを喰らう魔法がキツすぎます。もっとも天使系に極めて有効なムドはこちらも充分に活用させてもらいますが。そして,相性関係が非常に厳しいこのゲームでは未見の悪魔との戦いが困ります。迂闊に行った攻撃を反射されて逆に窮地に陥ることなんて頻繁にありますし,自分の攻撃で自分が瀕死という最悪の事態も決して珍しくありません。もっとも,この緊張感のある戦闘こそがこの作品の最大の魅力とも言えるのですが。
 どうでもいいけれど,ペルソナ4の外伝作品の噂を耳にしたのだけど,本当なんだろうか。久しぶりにPS2を起動させることになるのかな。
posted by 森山樹 at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ペルソナ

2009年06月14日

ペルソナ その10

進行状況:御影遺跡,アヴィデア界
主人公:63 マキ:62 なんじょうくん:56 マーク:56 エリー:59

 相変わらずアヴィデア界と御影遺跡を徘徊して戦力を強化中。ようやく主人公とマキは専用ペルソナのアメン・ラーとヴェルザンディを降魔できるレベルに達しました。残るはなんじょうくんがヤマオカまで4レベル,マークがスサノオまで3レベル,それからエリーがミカエルまで3レベルといった感じ。もう一息ではありますが,なかなかレベルも上がりにくくなっているのが困りもの。戦闘では主人公とマキは殆ど防御させて残りのメンバーで攻撃を行って調整しています。ペルソナは主人公がバール,マキがスザク,なんじょうくんがヴァルナ,マークがサキュバス,エリーがアールマティ。ここにきてムドやコウハ系の魔法が猛威を奮っています。特にサキュバスのムドオンは天使系を一撃死という得難い攻撃。逆に堕天使系にはアールマティのマハコウハとバールの光の裁きが非常に有効。どちらも魔法反射などの嫌な特性を持つ難敵だけに非常に有難い。
 とりあえず専用ペルソナを全員が揃って降魔出来た段階でアヴィデア界の侵攻を進めます。最後の敵パンドラ戦までにはペルソナレベルがMAXになっているといいのだけど。あともう少しなので頑張ります。ミヤスドコロがカルカッタ土産,フェンリルがマキシテンペストを落としてくれたのでカーリーとシヴァがペルソナ合体出来るようになったけれど,降魔出来るレベルが85と96というのは辛すぎます。さすがにそこまで頑張る元気はありません。
posted by 森山樹 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ペルソナ