2010年01月09日

2009年の反省と2010年の抱負

 昨年一番大きかったのはPSPをようやく導入したということ。そして,唯一の据え置き型ゲーム機PS2のソフトを1本も買わなかった年でもありました。DSとPSPという携帯型ゲーム機に完全に移行した記念すべき年であるように思います。PS3やXbox360に興味がないわけではないのですが,購入に踏み切る程に心惹かれる作品がないのも事実。『ファイナルファンタジーXIII』にもあまり興味を持つことが出来ませんでした。この傾向が2010年も継続されるのか我ながら興味深いところではあります。もしかしたら,PS3かXbox360の導入に至るかもしれません。噂される〈ペルソナ〉シリーズの最新作の動向に左右されることになりそうです。

 購入したのは全部で16本。そのうちクリアにまで至ったのは7本でした。まあ,こんなものでしょう。個人的には『ドラゴンクエストIX』や『真女神転生STRANGE JOURNEY』,『女神異聞録デビルサバイバー』などの新作を存分に楽しめた満足のいく年だったように思います。『PERSONA』や『ペルソナ3ポータブル』,『サガ2秘宝伝説』などのリメイク作品もそれなりにしっかりしていましたし,まさかの『ときめきメモリアル4』も過去作を踏襲した手堅い作りだったように思います。また,シリーズ完結編となった『流行り神3』も不満は多少感じるものの悪くない作品でした。クリアしたゲームに関しては概ね満足しています。一方で惜しかったのは『セブンスドラゴン』。発想は悪くないのですが,余りにも不親切で面倒な部分が多すぎ,興を殺がれてしまいました。非常に残念な思いがあります。

 2009年で一番心に残った作品は『真女神転生STRANGE JOURNEY』です。『女神異聞録デビルサバイバー』や『ペルソナ3ポータブル』も含めてアトラスの作品には安定感があります。今年もこの水準の作品を制作して欲しいものです。また,当初は悪評に溢れていた『ドラゴンクエストIX』も結局は十分に楽しめる作品でした。すれ違い通信やシナリオ追加配信も面白い試みだと思います。

 2010年の新作では『ドラゴンクエストVI』や『戦場のヴァルキュリア2』,『世界樹の迷宮3』あたりが楽しみ。ただ,リメイクや続編ばかりではなく,心惹かれるような新規作品の登場も期待をしたいところではあります。
posted by 森山樹 at 11:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑文

2011年01月07日

2010年の反省と2011年の抱負

 PS2以来となる据え置き機Xbox360を遂に導入してしまいました。遊んだゲームは『デッドライジング』と『ラストレムナント』の2本。流石に画像は綺麗ですね。TVを新調したこともあって,尚更そう思います。ただ,携帯機の便利さに慣れた身としては据え置き機で遊ぶのは面倒くささが先に来てしまうのも事実。それでも遊びたいゲームは色々ありますので,今年はXbox360も存分に楽しみたいと思います。『ファイナルファンタジー13』や『デッドライジング2』,それに新作では『円卓の生徒』や『キャサリン』に期待をしています。

 2010年は購入した本数18本に対してクリアしたゲームは4本に留まりました。途中で嫌気がさして遊ぶのを止めるゲームが多かったような気がします。単に自分の集中力が続かなくなったということも言えますけれど。ちなみにクリアしたゲームは『ドラゴンクエスト6』,『エルミナージュII』,『大神伝』,『東京鬼祓師』。『ポケットモンスターブラック』は一応クリア寸前の筈。物凄くたるさを感じてしまって,そのままほったらかしにしてあります。『戦場のヴァルキュリア2』も序盤を遊んで結構面白かったのですが,結局は一度遊ぶのを止めて積んだまま。今年は3が出るので,それまでにクリアしたいところだけど,流石に無理かな。まずは『二ノ国』を終わらせたいところであります。印象的だったゲームは『大神伝』。前作は遊んでいませんが,水墨画で描かれた世界が実に素敵。難易度も適度で物語も楽しく,実に万人向けする作品だと思います。何よりもチビテラスが可愛すぎだったしね。『東京鬼祓師』は癖がありますが個人的には大好き。やはり高校生を主人公に据えた学園伝奇ものはたまらないものがあります。この世界観を継承した続篇を期待したいものです。
また,現在遊んでいる『二ノ国』も魔道書を傍らにおいての遊び方が雰囲気があります。こういった形の作品が増えて欲しいなと思います。

 今年は任天堂が満を持してニンテンドー3DSを発売することになりますが,現時点では購入に踏み切るかは微妙なところ。但し,現段階で各メーカーが予定しているタイトルは実に魅力的ではあります。案外と早い段階で購入するかもしれません。DSとPSPもまだまだ現行機。特にPSPは今年は『つくものがたり』や『戦場のヴァルキュリア3』,『白騎士物語』,『DDFF2』,『FF4コンプリート』,『ペルソナ2罪』とかなり充実している感があります。何はともあれ,今年も素敵なゲームを数多く楽しめることを願っております。そして,可能な限り,クリアするようにしたいものです。
posted by 森山樹 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2011年07月03日

2011年上半期回顧録

〈2011年上半期に購入したゲーム〉
サガ3時空の覇者 Shadow or Light
つくものがたり
戦場のヴァルキュリア3
マックスウェルの不思議なノート
円卓の生徒
Solatorobo
ディシディアデュオデシムファイナルファンタジー
ファイナルファンタジーIVコンプリートコレクション
ペルソナ2罪
涼宮ハルヒの追想
TREASURE REPORT
デッドライジング2
Steins;Gate

続きを読む
posted by 森山樹 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2011年12月22日

WILD ARMS15周年

1996年12月20日は『WILD ARMS』が発売された日です。
というわけで,先日〈WILD ARMS〉が15周年となりました。
一応,第1作から遊び続けている身としては感無量。
続篇の製作は難しいのかもしれませんが期待しています。

個人的に一番好きな作品は『WILD ARMS 2nd Ignition』。
次いで『WILD ARMS Advanced 3rd』でしょうか。
勿論,その他の作品も大好きですけどね。
金子彰史の熱い台詞回しがたまらなく自分好み。
妙な拘りも,賛否はあるでしょうが,自分は大好き。
流石に特撮ネタとかはついていけない部分もあるけどね。
それはそれで分からなくても楽しめるわけですし。

「…それはきっと,いつか「想い出」になる物語…」
『WILD ARMS Advanced 3rd』の言葉が心に残ります。
少なくともこの〈WILD ARMS〉シリーズは自分の「想い出」ですね。
posted by 森山樹 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2012年01月05日

2011年下半期回顧録

〈2011年下半期に購入したゲーム〉
ゼルダの伝説 時のオカリナ3D
デビルサバイバー2
エルミナージュ3
デビルサバイバーオーバークロック
グランナイツヒストリー
零の軌跡
GジェネレーションWORLD
ファイナルファンタジー零式
スーパーマリオ3Dランド
碧の軌跡
セブンスドラゴン2020
マリオカート7
アマガミ
SKYRIM

続きを読む
posted by 森山樹 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文