2014年10月06日

閃の軌跡II その5

幕間 白銀の巨船
12月13日
プレイ時間:31時間35分
現在地:飛行戦艦パンタグリュエル
リィン:Lv76 アルフィン:Lv61

 第I部の後,幕間を終了した段階。これから愈々第II部に突入します。湖畔の町レグラム〜翡翠の都バリアハートを経て,遂にクロウを除く≪VII組≫全員が揃いました。その中には勿論サラ教官の姿もあります。此処からが≪VII組≫の本当の戦いともいえましょう。しかし,やはり全員揃う姿は壮観でありますね。これからは様々な編成を試す楽しみがありそうです。

 翡翠の都バリアハートでのユーシスとの戦いは熱かった。しかし,その後に姿を見せた≪身喰らう蛇≫の執行者である劫炎のマクバーンと使徒≪鋼の聖女≫アイアンロードの部下である神速のデュバリィとの戦い,そしてユミル温泉郷に姿を見せたルーファス・アルバレアとの戦いは更に熱いものがありました。個人的にはマクバーンがかなりお気に入り。その圧倒的な強さは執行者No.Iに相応しいものがあります。神速のデュバリィですらも遥かに凌駕するその強さはまさにアリアンロード級といっても差し支えないのでありましょう。また,ユーシスの剣術の師であるルーファスの実力も底が知れません。前作ではトールズ士官学院の理事としての姿しか見せませんでしたが,遂に本作では彼の真価を存分に味わうことになりそうです。

 そのルーファスとの取引によって訪れた飛行戦艦パンタグリュエルではカイエン公を始め,ヴィータ・クロチルダ,マクバーン,ブルブラン,デュバリィ,西風の旅団のゼノとレオニダス,黒兎アルティナ,帝国解放戦線のスカーレットとヴァルカン,それにクロウ・アームブラストと当面の敵が勢揃い。全く勝てる気がしません。神速のデュバリィの可愛らしさは素晴らしいものがありますけれども。そして,帝国解放戦線のスカーレットも存外に魅力的。法剣が武器というのも七耀教会と少なからぬ関係があった模様です。また,ギリアス・オズボーンとクロウの因縁も漸く明かされました。ギリアス・オズボーンへの復讐を果たした今,クロウやヴァルカン,スカーレットの進むべき道が気になるところであります。

 飛行戦艦パンタグリュエルに囚われていたアルフィン皇女との逃避行を図るリィンの前にブルブランとデュバリィ,ゼノとレオニダス,アルティナ,クロウとマクバーンが次々に立ちはだかる展開はかなり熱い。その中で遂に鬼の力を御するようになったリィンもまた更に強化されました。しかし,この鬼の力は未だ謎のままなのですよね。灰の騎神の機動者とはまた別の資質のようですけれども,これについてはマクバーンとの関連性が興味深いところ。そして絶体絶命のリィンを救うべく現れたのは≪紅き翼≫カレイジャスを駆るオリヴァルド王子とアルゼイド子爵,それに≪VII組≫の面々。パンタグリュエル甲板での対峙は外連味に溢れすぎていたように思います。

 今後はカレイジャスを拠点に帝国内戦に介入していくことになるのかな。オリヴァルド王子とともに第三の道を歩むことになるのでありましょう。戦いは更に苛烈になることが予想されますが,トヴァルやクレア,シャロン,サラらの助力も仰げるはず。此処からのリィンの,そして≪VII組≫の戦いを楽しみにしたいと思います。
タグ:閃の軌跡II
posted by 森山樹 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記

2014年10月04日

閃の軌跡II その4

第I部 灰色の戦記
12月9日
プレイ時間:22時間58分
現在地:湖畔の町レグラム
リィン:Lv71 ラウラ:Lv71 アリサ:Lv71 エマ:Lv71
マキアス:Lv68 シャロン:Lv71

 ノルド高原での戦いを終えて,現在は湖畔の町レグラムへ。ローエングリン城でラウラとエマと合流したことで,残る≪VII組≫の仲間はユーシスとクロウということになりました。今後は翡翠の都バリアハートに向かったユーシスの足取りを追うことになります。また,ノルド高原での戦いを経て,シャロン・クルーガーが新たに協力者として仲間入りしました。大人組もトヴァル,クレア,シャロンと充実してきた感があります。但し,シャロンは既に明かされているように≪身喰らう蛇≫の執行者のひとりでもあります。このあたりが物語において如何なる立ち位置となるのか楽しみであります。

 湖畔の町レグラムでは貴族連合軍の中核を為すオーレリア将軍とウォレス准将が登場。どちらもまさに強者に相応しい佇まいを見せてくれますが,特にオーレリア将軍はアルゼイド流とヴァンダール流のふたつの流派を収めた武人とのこと。その美貌と相まってかなり印象的な存在であります。いつか,リィンたちと剣を交えるときが来るのでしょうか。或いはラウラとの戦いが用意されているのかもしれませんけれども。また,ノルド高原では≪身喰らう蛇≫の執行者である怪盗紳士ブルブラン及びエリゼとアルフィンを連れ去った黒兎ことアルティナ・オライオンと初交戦。かなりの強敵ではありましたが,何とか退けることに成功しました。特にミリアムのアガートラムと同じく,クラウ・ソラスなる機械人形を操るアルティナは謎めいた存在。ミリアムと同じオライオンという姓からも関連性は窺えます。≪身喰らう蛇≫とは無関係とのことですが,彼女の正体も物語の大きな焦点のひとつかもしれません。

 灰の騎神ヴァリマールを駆っての戦闘も楽しくなってきました。リィンのパートナーを変えることによって使える技が変わるというのは面白い。まだ,騎神戦そのものが数少ないのですが,様々な戦い方を模索して行きたいと思います。クロウが駆る蒼の騎神オルディーネとの戦いもいつかは用意されている筈。また,他の騎神の登場もあり得ることでありましょう。ゼムリア大陸の行く末そのものに大きく関わる存在かもしれません。物語の規模がかなり大きくなっているので全容を把握するのは大変ですけれどね。

 過去作との関わりでいえば,怪盗紳士ブルブランとの戦いの中でヨシュアやレンの名前が出てきたのは嬉しかった。今後も過去作での登場人物が名前だけでも姿を見せてくれると楽しいですね。なお,シャロンは帝国内戦の間は少なくともリィンたちと敵対することはないと明言してくれました。嘘は言わない人物なので信用できる筈です。尤も,全ての真実を口にする女性でもないのでしょうけれども。様々な秘密や謎を内包しながら物語は少しずつ進んでいきます。帝国内乱の中で如何なる物語の帰結が待っているのか楽しみにしたいと思います。本当に本作で〈閃の軌跡〉が幕を閉じるのかはやや疑問ではありますけれども。
タグ:閃の軌跡II
posted by 森山樹 at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記

2014年10月03日

購入録(2014.10.02)


予約していた『アルノサージュPLUS』を購入。
ガストのRPGなので,それなりに信頼しています。
世界背景などはかなり面白そう。
雰囲気も独特のものがありそうなので期待しています。
『閃の軌跡II』と同時進行できるといいけどなあ。
因みに『禁忌のマグナ』はひとまず見送りました。
評判次第ではそのうちに買ってしまいそうですけれども。

〈2014年ゲーム購入覚書〉 計17本

posted by 森山樹 at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年10月01日

2014年10月ゲーム購入予定

10.02 アルノサージュPLUS PS Vita ガスト
10.02 禁忌のマグナ 3DS マーベラス
10.09 FLOWERS PS Vita プロトタイプ
10.16 ケイオスリングIII プリクエル・トリロジー PS Vita スクウェア・エニックス

『アルノサージュPLUS』は予約済み。
『シェルノサージュ オフライン』は購入しないのだけれどね。
〈アルトネリコ〉シリーズを遊んでいなくても問題ないとのこと。
ガストのRPGなので,それなりに期待しています。
『禁忌のマグナ』も興味はあるんだけど購入に踏み切るかは微妙。
この時期に遊びたい作品が集中し過ぎなのですよね。
とりあえずは様子見ということになりましょう。
評判が良いのであれば購入したいと思います。
『FLOWERS』は百合系ADV。
ミステリィ仕立てというところに興味をひかれます。
一応は買う方向で検討中。
『ケイオスリングIII プリクエル・トリロジー』はスマホゲームの移植。
面白そうではあるんだけど,スマホゲームというのが一抹の不安。
最近のスクウェア・エニックスはこんなのばかりですよね。
此方も暫しの様子見ということになるかもしれません。
posted by 森山樹 at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定

2014年09月29日

閃の軌跡II その3

第I部 灰色の戦記
12月5日
プレイ時間:15時間50分
現在地:ラクリマ湖畔
リィン:Lv60 クレア:Lv61 アリサ:Lv59 ミリアム:Lv59
フィー:Lv60 エリオット:Lv60 ガイウス:Lv60

 ガレリア要塞でクレア大尉と合流した後に再びユミルに戻り,現在はノルド高原を探索中。ノルド高原では新たにガイウス,アリサ,ミリアムと再会することが出来ました。特に前作では絆イベントの対象としていたアリサとの再会は感涙もの。相変わらず,格好いいガイウスもたまりません。まあ,一番嬉しいのは涼やかな声が魅力的なクレア大尉の仲間入りでありますけれどね。同じくギリアス・オズボーン子飼いである〈鉄血の子供〉のひとりミリアムとの絡みも楽しい。但し,ギリアス・オズボーンは恐らく敵に回る人物かと思われますので,彼の復活の際に如何なる決断を強いられるのかに注目したいものです。レクター・アランドールとは異なり,ギリアス・オズボーンに対する忠誠心は相当強い筈ですからね。

 クロスベル自治州の異変が物語に大きく絡んでいるのは楽しい。ガレリア要塞から見た断絶されたクロスベルの姿は『碧の軌跡』を想起させて感慨深いものがありました。同じ時期にロイドやエリィたちはアリオス・マクレインやマリアベルたちと戦っていたのですよね。このあたりは〈軌跡〉シリーズならではの楽しみ方と言えるでありましょう。クロスベルとエレボニアの異変に大きく関わっている≪身喰らう蛇≫の真の目的が明かされる日が楽しみであります。そのガレリア要塞ではフィーの古巣である西風の旅団の元幹部ふたりと遭遇しました。罠使いゼノと破壊獣レオニダス,その名に相応しい難敵でありました。今回はクレアの介入によって退きましたが,いずれまた決着をつけるときが来るのでありましょう。フィーも内心穏やかではない筈。尤も,此方も貴族連合といつまで手を組んでいるのかは分かったものではありませんが。

 ノルド高原では貴族連合による通信妨害を排除すべく行動しています。とりあえずは現在は貴族連合が手中に収めた監視塔に向かいます。とは言え,いつも通りに寄り道も忘れず。今作でもサブクエストが充実しているのは嬉しい。特典目当てで学生レベルを上げなければなりません。また,ガレリア間道にあった地霊窟と同じ存在であろう風霊窟の位置も把握しました。此方も監視塔到達前に探索を終えておきたいものであります。ガレリア要塞ではトールズ士官学院のベリルとミントの無事を確認出来たのも大きかった。全ての学院生徒が無事であると信じたいものであります。或いは貴族出身の生徒とは対峙することになるのかもしれませんが。なお,ナイトハルト教官が息災であることも嬉しかった。

 ノルド高原をクリアした後はレグラムに向かうことになるのでしょう。そこにはラウラ,ユーシス,エマが待っている筈。特にエマはセリーヌとともに物語の大きな鍵を握る人物なので彼女の口から真実の一端が明かされることを期待します。また,貴族連合の首魁のひとりであるアルバレア公の次男ユーシスの立ち位置も気になるところ。貴族連合と≪VII組≫のどちらに与するのでありましょうか。安易に≪VII組≫の仲間に戻るともいえないのが微妙であります。ルーファスとの関係は十分に問題ないだけに尚更でありましょう。いろいろと人間関係の複雑さが興味深いです。
タグ:閃の軌跡II
posted by 森山樹 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記